フランス人記者が突く、東京五輪ボランティアの待遇をめぐる「アンフェアな関係」 - 社会 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

46コメント 2018-09-20 12:36 週プレNEWS

『週プレNEWS』は、集英社「週刊プレイボーイ」運営のニュースサイト。男の好奇心を刺激する最新ニュースをお届けします!2020年の開催まで2年を切り、東京オリンピック・パラリンピックの「応援ムード」が...

ツイッターのコメント(46)

交通費、食費、宿泊費は自腹
ボランティア中の怪我や熱射病などは自己責任
おかしいだろ??
マラソン、競歩のスタッフは前日より野宿込みだ。たとえそれが雨が降ってもだ。
やっぱり 異常だ。
- 社会 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]
なるほどねえ
改めて読むと色々デタラメなこと書いてるなあ。

「猛暑対策としてはマラソンコースの沿道にある店舗が冷房をかけたままドアを開放して沿道の気温を下げる"クールシェア"とか〜」
→確認しろよ。

フランス人記者が突く、東京五輪ボランティアの待遇「アンフェアな関係」
東京五輪ボランティア、是非についての私の境界線は当事者の意志の尊重だと思う。
やりたい人はやれて、やりたくない人はやらなくてよい状態が是。逆にやりたい人がやれなかったり、やりたくない人にやらせるのは否。
だから募集するのは構わないけど、動員はダメだと思う。→
ボランティアと商業的オリンピックのアンバランス
「ビジネス」を優先」「そこにはアスリートファーストの精神もなければ観客や運営を支えるボランティアたちへの配慮もない」「多くのメディアもそのビジネスの一部として一体化しているので問題に触れられない」
東京五輪ボランティアの待遇をめぐる「アンフェアな関係」
日本人だって、本来、こんなまっとうな考えをもつ人は少なくないはずだけど…。スポーツ好きが多いWの学生たちも、素直にオリ/パラリンピックを楽しみにしているが、1964年の東京より30年以上後に生まれた世代。前回の開催が10月だったことも知らない。搾取されても当然か。
@iwakamiyasumi オリンピックが一種の「巨大なキャッシュマシーン」と化しているにもかかわらず、11万人もの人たちによる「無償の労働」を前提に運営され、彼らに対し少なからぬ経済的負担を求めているというのは、どう考えてもフェアじゃない、と「ル・モンド」東京特派員
日本はそういう国ですよ。国民は使いたおされるのです。
 
PR
PR