TOP > ネタ・話題 > 不寛容で上から目線で国民を政治から遠ざけ、自民一強を生んだ要因! 「自称リベラル」とは? - 政治・国際 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

不寛容で上から目線で国民を政治から遠ざけ、自民一強を生んだ要因! 「自称リベラル」とは? - 政治・国際 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

11コメント 2020-11-03 07:08  週プレNEWS

『週プレNEWS』は、集英社「週刊プレイボーイ」運営のニュースサイト。男の好奇心を刺激する最新ニュースをお届けします!右と左、保守とリベラル。改憲派と護憲派の対立......と、まるで噛(か)み合わな...

ツイッターのコメント(11)

本来のリベラルからズレた自称リベラルで国益を損なうような事ばかりしてるのは左寄りな方々の方だと思うんですがねぇ
倉持麟太郎氏のインタビュー
すごいわかりやすい言葉遣いをされる方だ、見習いたい
耳が痛いというか忸怩たる思いを胸の内に押し込む人は多かろうね。
ほんとそれ。
「リベラル」の定義が日本ではズレてるというか別物。本来のリベラルはグローバリストで個人主義なのに全体主義の左翼がリベラル気取ってる。
☆アメリカのトランプ現象や「Qアノン」が大手を振るさまを見ていると、こちらの論考もきれいごとに思えてしまう側面が。2018年に読んでいたら多分、大いに共感。
は〜?
週プレがエセリベラル、エセ左翼そのものだ。
「不寛容」という言葉の使い方にモヤモヤ。意見の相違への不寛容と、人の属性の多様性への不寛容をごっちゃにして差別に加担する連中への援護射撃になりかねない。
20年ぶりに週プレ読んだ。
「こうしたリベラルの考え方が、戦後の日本ではいわゆる「護憲左翼(野党勢力)」と政治的に結びついて次第に変質、硬直して、本来のリベラルが持っている寛容さを失ってしまった。」
まさにこの通り!
*【正論】「不寛容で上から目線で国民を政治から遠ざけ、自民一強を生んだ要因!」(倉持麟太郎/弁護士)

… 11月3日付の週プレ NEWS より。

まったくその通りだ。

だから、川勝静岡県知事の「菅総理は教養がない」発言は、拙劣な悪手なのだ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR