原発の"大ニュース"が連発している裏には経済産業省の策略があった? - 政治・国際 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

11コメント 登録日時:2018-12-14 08:00 | 週プレNEWSキャッシュ

『週プレNEWS』は、集英社「週刊プレイボーイ」運営のニュースサイト。男の好奇心を刺激する最新ニュースをお届けします!『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、相次ぐ原発関連の"ビッグニュース"に隠された経産省の策略を暴く。 * * * 経産...

Twitterのコメント(11)

原発が安全て本気で言ってるの?
さらにもんじゅに代わる高速炉の開発とか経産省頭沸いてるんじゃないかな?
これ以上制御できないものを作ってどうするんだろうか、、、
古賀茂明氏記す
"今年6月、フランス政府が「アストリッド」の計画縮小を日本政府に示した。技術開発が困難で、たとえ実用化にこぎ着けたとしても巨額の建設費がかかるから"
- |週プレNEWS
「経産省の利権維持と核武装に必要な原発技術維持のためにさらに巨額の予算をつぎ込もうとする日本。このままでは時代に取り残されるだけだ」(古賀茂明)
#核燃サイクル #核武装
原発関連の研究開発予算を守るため、「小型原発開発」「原子力ベンチャー育成」というニュースを次々にリークしたのだろう。
週プレ:"が連発している裏には経済産業省の策略があった?-古賀茂明 「経産省は2016年に廃炉が決定した「もんじゅ」に代わり、フランスのナトリウム冷却実証炉「アストリッド」を高速炉開発の柱に位置づけてきた。総額数千億から1兆円の巨大プロジェクト」14日
「このままでは大事な原発予算が削られ、原発の存続にも黄信号がともる。そこで世の中に「原発は夢のあるエネルギーだ」とアピールし、原発関連の研究開発予算を守るため」 省益と天下り先確保だけだよな。経産省 /
プレイボーイ: 原発の小型炉開発 経産省元官僚・古賀茂明 「6月フランスが計画縮小。経産省の関連予算も不要となり省の利権が小さくなってしまう。原発維持のため巨額予算をつぎ込む日本は時代に取り残される」
経産省の利権維持と核武装に必要な原発技術維持のためにさらに巨額の予算をつぎ込もうとする日本。このままでは時代に取り残されるだけだ。
さすがに元経産官僚だけあって、古賀氏のこのヨミには説得力がある。
経産省がもんじゅ失敗の穴埋めにアストリッドや小型原発などすでに採算が合わないとわかっているプロジェクトでごまかそうとしているという話。こういうのこそさっさとメスをいれてコストカットすればよいものを。
「このままでは大事な原発予算が削られ、原発の存続にも黄信号がともる。」…そこで経産省が打った手とは?
以上

記事本文: 原発の"大ニュース"が連発している裏には経済産業省の策略があった? - 政治・国際 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

関連記事