TOP > ネタ・話題 > 「安倍首相は悪魔だ」と「いや、真のリーダーだ」という単純な善悪論の間にある大切なもの - 政治・国際 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

「安倍首相は悪魔だ」と「いや、真のリーダーだ」という単純な善悪論の間にある大切なもの - 政治・国際 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

17コメント 登録日時:2018-11-12 07:54 | 週プレNEWSキャッシュ

『週プレNEWS』は、集英社「週刊プレイボーイ」運営のニュースサイト。男の好奇心を刺激する最新ニュースをお届けします!『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、日本におけるインディビデュアリズム(個人主義)の欠如について指摘する。 * * * 2012...

Twitterのコメント(17)

なかなかこのモーリーロバートソンの日本人の個人で考える力が足りてない事に関する記事いいね。アーカイブから他の記事も読んだけど、良く考察されてて面白い。左でも右でもなく、歴史に基いて冷静に書かれてて良い。
個人としての確固たる価値観がないから、「自分はこういう社会を望む」という理想像が生まれない。国なり組織なりに助けてもらうことしか考えられない。そんな構図です。
>しかし振り返ってみれば、日本はずっとそうだったのかもしれません。戦後、長きにわたり左右両陣営は馴れ合いのイデオロギー合戦に明け暮れてきました。
いやこれはホント、いまの私の問題だ。政治的なことではなくて。
モーリーさんの挑発的なサムネ好き
モーリーロバートソンさんとても良い事言ってます/
日本におけるインディビデュアリズム(個人主義)の欠如です。個人としての確固たる価値観がないから、「自分はこういう社会を望む」という理想像が生まれない。国なり組織なりに助けてもらうことしか考えられない。
もしモーリーの言う通りなら、僕らは個人の責任で生きていく代わりに政府なんかもっと役割も組織も小さくていいんじゃないのか。だけどちっともそうならない。違うのかな。
“自分は変わりたくないのに、世の中には自分に都合がいいように変わってほしいなんて、そんなことはありえません” モーリーさん、的確な批判。
「個人のレベルで『自分とは何か』『自分はどうありたいか』という問いに向き合っていない」

これまた猛省。
目の前にボウッと現れた"正義のように見えるもの"に飛びついた経験のある人も少なくないと思いますが、それはポピュリズムへの耐性の低さを示します
この外タレは、調子に乗り過ぎだ!
めちゃわかりみやんこれ
「安倍首相は悪魔だ」と「いや、真のリーダーだ」という単純な善悪論の間にある大切なもの(週プレNEWS) 左も右も、今ある環境を変えたくない。個人のレベルで「自分とは何か」「自分はどうありたいか」という問いに向き合っていない。
いや、悪魔の金魚の糞だ。
いや、サンドバッグだ。
いや、、、。。。…延々と
以上

記事本文: 「安倍首相は悪魔だ」と「いや、真のリーダーだ」という単純な善悪論の間にある大切なもの - 政治・国際 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

関連記事