TOP > ネタ・話題 > 角田陽一郎×俳優・草彅 剛「ダメな役、誇張されている役のほうが自分の気持ちにとっかかりができる」 - エンタメ - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

角田陽一郎×俳優・草彅 剛「ダメな役、誇張されている役のほうが自分の気持ちにとっかかりができる」 - エンタメ - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

12コメント 2019-10-02 07:10 | 週プレNEWSキャッシュ

『週プレNEWS』は、集英社「週刊プレイボーイ」運営のニュースサイト。男の好奇心を刺激する最新ニュースをお届けします!『さんまのスーパーからくりTV』『中居正広の金曜日のスマたちへ』など、数多くの人気番組を手がけてきたバラエティプロデューサー角田陽一郎氏が聞き手となり、著名人の映画体験をひもとく『週刊プ...

ツイッターのコメント(12)

わぁお楽しみー
週刊プレイボーイ
写真に写ってる壁も机もイスも、なんだか見覚えあるなと思ったら、小社の会議室じゃん!!

剛「ダメな役、誇張されている役のほうが自分の気持ちにとっかかりができる」
「BALLAD」「黄泉がえり」「ホテルビーナス」どれも大好きな作品ばかりです♪
≪舞台を見に行ったんですけど、そこに さんも出演されていて。体をつくっているから、舞台上でものすごく大きく見えるんですよね。その姿を見ていたら、「僕、この方と一緒に映画 (『BALLAD』) 出たんだ......」ってすごくうれしくなっちゃって≫
昔の作品のことなど興味深いお話
角田陽一郎×俳優 「ダメな役誇張されている役のほうが自分の気持ちにとっかかりができる」

“映画を見てくれた方には面白いと思ってもらいたいし、特別な思いを持って帰ってもらいたいという気持ちは常に頭の中にあるので、感情表現のさじ加減は特に大事にしています”
剛君の作品についていろいろ話してくれています😊 剛「ダメな役、誇張されている役のほうが自分の気持ちにとっかかりができる」(週プレNEWS)
2/2の記事
つよぽんが
出た映画と台風家族の話
剛「ダメな役、誇張されている役のほうが自分の気持ちにとっかかりができる」

王様と私、観劇された時の感想がありますね〜✨
■俳優・ が選ぶ思い出深い出演作は?
「…強いて言うなら、山崎貴監督の『BALLAD 名もなき恋のうた』(2009年)かな」

角田陽一郎×俳優・ 「ダメな役、誇張されている役のほうが自分の気持ちにとっかかりができる」(週プレNEWS)
BALLAD好きだったなあ。ガッキーとの淡い恋とか、未来の世界に思いを馳せる又兵衛とかさ。/
以上
 

いま話題のニュース

PR