TOP > ネタ・話題 > 日本人が日米外交と呼んできたものの正体は「画一的な日本人コミュニティとアメリカ側の一部知日派との『狭いパイプ』」でしかなかった! - 政治・経済 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

日本人が日米外交と呼んできたものの正体は「画一的な日本人コミュニティとアメリカ側の一部知日派との『狭いパイプ』」でしかなかった! - 政治・経済 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

22コメント 登録日時:2017-01-31 10:39 | 週プレNEWSキャッシュ

「われわれが日米外交と呼んできたものは、画一的な日本人コミュニティと、ごく一部の知日派との『狭いパイプ』で、そこでは首相の声までもが簡単に排除される」と語る猿田佐世氏 普天間基地移設問題に対する地元・沖縄県の民意や環太平洋パートナーシップ(TPP)協定に反対する国会議...

Twitterのコメント(22)

- 政治・経済 - ニュース|週プレNEWS[週刊プ
これは注目されるべき試み
2013年当時、アメリカでは「辺野古」への移設について
柔軟な考え方があった?

;日本人が日米外交と呼んできたものの正体…
日本人が日米外交と呼んできたものの正体
「画一的な日本人コミュニティとアメリカ側の一部知日派との『狭いパイプ』」でしかなかった! | 猿田佐世 @tim1134 @iwakamiyasumi @shupure_news
辺野古を望むのは自民党の政治屋と官僚。:
「アーミテージ元国務副長官ですら「(辺野古移設に代わる)プランBの検討が必要だ」と語っていました。つまりアメリカは「辺野古が唯一の選択肢」との考え方に固執していたわけではないのです」
この辺から変わらなきゃ。支持。
猿田佐世氏のインタビュー。面白かった。
猿田佐世さんのインタビュー記事です→
ブナ林便り 色平哲郎
日本人が日米外交と呼んできたものの正体は「画一的な日本人コミュニティとアメリカ
側の一部知日派との『狭いパイプ』」でしかなかった!
[2017年01月31日]
猿田さんや新外交イニシアティブを、ますます応援したい。➡ @shupure_news
ジャパンハンドラーの存在はまだ多くの人にとって未確認生物の様な存在でしかないのかもしれない。
そんなことでしょうとも/
メモ【 | 週プレNews】
辺野古基地の問題で明らかになったように、ガイアツは日本側からの演出だったのだ。
現在、社会主義圏国籍の私はこの意見に反する。ゲバラやフィディルが嫌った者だよ。
日本人が日米外交と呼んできたものの正体は
官僚などの画一的な日本人コミュニティと
アメリカ側の一部知日派(アーミテージなど)との
『狭いパイプ』」でしかなかった
猿田佐世弁護士、昔名古屋でアムネステイの学習会でお会いしたことがある。国際法が専門だったが、日米関係に風穴を開けて欲しいですね。ご活躍を期待してます。

|
以上

記事本文: 日本人が日米外交と呼んできたものの正体は「画一的な日本人コミュニティとアメリカ側の一部知日派との『狭いパイプ』」でしかなかった! - 政治・経済 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

関連記事