数字で見る。結婚相手に年収を求めるとなぜ婚活がうまくいかないのか|「マイナビウーマン」

婚活していると結婚相手に求める「理想年収」と「最低年収」というものがあるのではないでしょうか。十分金額に妥協したと思っていても、なぜか男性とマッチングしません。一体なぜなのでしょう? 『超ソロ社会』『...

ツイッターのコメント(38)

我が家は
父が早く他界しました

今の時代
入院
災害
リストラ
倒産

男性の収入が
永遠という保証はないです
もちろん女性も
@mynavi_woman )

いや、400万でもいいんですけどね。
男女平等だというわりに、世間では妻より年収が低いことに耐えられない男性も多いです。
「81%の女性が理想とする「年収400万円以上の未婚男性」はわずか28%しかいません。」ってこれ本当⁉︎
大卒以上、正社員、東京勤務とかだとまた違うんだろうけど。
@mynavi_woman )
@mynavi_woman )

マッチング理論の説明が雑すぎてキレそうになった
数字で見る。結婚相手に年収を求めるとなぜ婚活がうまくいかないのか|マイナビウーマン
これは面白い記事ですねえ。割とよく知られたことが分かりやすく書かれているという
数字で見る。結婚相手に年収を求めるとなぜ婚活がうまくいかないのか|マイナビウーマン
比べてしまう、他が見えてしまうから、出会えた目の前にいる人の良さを見失い、他者と比較してしまう。恐らく決まった人がいて選べない方が幸福の総量が大きい。
年収400万円以上の結婚適齢期男性15%です。

私、いつも思うのですが、年収なんて一時的なもの。

そして年収だけを重視するなら、自分で達成する方が早い。

また、住んでる場所によって、年収まあまあ良くても生活水準高いわけではないんですよね。
こういう記事を見るたびに女性側の年収はいかほどなんだろうかと女性視点でも思う…。
自分も相手の方が稼いでてほしいとは思うけど、たとえば自分240で相手に400とか求めてたらそれってどうなのって思う🤔
 
PR
PR