がんを書いてきた私が乳がんに…書けなかった〝孤独と絶望〟の体験記

ツイッターのコメント(14)

ほんこれ
「かわいそう」ほど要らん言葉はない
関係のいい親族でもない限り「我が身に降りかからなくてよかった」が純度100%
【丸ごと】「普通」を失うのが怖い。4話「がんを知られたくない」 - withnews(ウィズニュース) キャンサーギフトなんて初めて知った。病気って本当に個人的なもの。医者は治療してくれるけどそれは仕事だから。結局は病は一人で向き合うしかないものなんです。
「癌になってよかった。」
なんてこれっぽっちも思わないけど、癌になって、得るものはあったかなあ。
----------
とても正直で素直で飾りのない叫びだろうなあ……。苦しいのは自分だけかもしれないという孤独と私は普通でありたかった、日常が壊された苦しみ。なんで私が、という気持ち
> - withnews(ウィズニュース
前向きな言葉で自分を誤魔化しても、返っておかしくなるだけでは 何がキャンサーギフトだ年末に蟹でも買ってくれるのか?
「この水でがんが小さくなります」
がんに関する記事を書いてきた藍原さんは頭では「まやかし」だと分かりました。それでも

「『おかしい』という気持「『おかしい』という気持ちはあります。それでも『すがりたい』という思いもあって、引き裂かれるようでした」
>「キャンサーギフト(がんの贈り物)なんてないよ……!」
この記事読んでたら「ダウン症の息子さんがいるんだけど凄い才能があるんだよ!」と話しかけられ呆れた。
キャンサーギフト
「癌になったからこそ見えた幸せ」

んなもんは健康な時になんの感謝も喜びも感じてない「生きるをサボってきた」やつだけだよ…
日々をキチンと生きてたら癌にはデメリットしかない
病気はつらい。世の中に前向きに生きてる患者もいることと、事故で手足を失っても明るい人がいることと、だからあなたも命あることに感謝してとか言われるのは違うねん。そんな贈り物は無いほうがいいんや。
人によりけりじゃないのかね、とか言うたらアカンのでしょうな。ポリコレ的に。
良性と言われてて悪性か。。。
私も乳腺に線維腺腫あって、細胞診は不確定。
悪性の可能性もある。
怖い。
不幸な中でも幸せを見つけていく為に本人がキャンサーギフトって言葉を使うのは自由だけど、病気なんてならないに越したことはないし、たまに第三者が励ましにその言葉を使うけど完全に失言だからな。
本当これだよ。キャンサーギフトってなんだよ(´・ω・`)
以上
 
PR
PR