TOP > ネタ・話題 > なぜ「ペーパータオル」が使用中止? コロナ「謎対策」生まれるワケ

なぜ「ペーパータオル」が使用中止? コロナ「謎対策」生まれるワケ

withnewsとは、あなたと一緒に “気になる”を解決するサービスです。日々のニュースで“気になる”ことはありますか?あなたのリクエストをきっかけに新聞社が一生懸命もっとフカボリ取材します。いろんな...

ツイッターのコメント(54)

ちょっと前の記事だけど、この考え方大事『やらなくてもいい対策を続けることにより、現場の人材は疲弊し、費用もかさみます。対策全体がおざなりになって必要なものに手が回らなくなれば、そのことがかえってマイナスになります。』
感染症対策は盛ることはやさしくても削ることはむずかしい。そこにつけこんで商売する人たちがいる。
ペーパータオルは最低一枚間を抜かないと前の人が触っている可能性あります。
ハンドドライヤーもちゃんと手を洗っているという前提が疑問で、大抵端折ろうとします。
本は消毒しないと途中で何も触らず読書に没頭したり本を他のものに接触させない事は保証できません。
ふむふむ・・・
2020年10月26日
なぜ「ペーパータオル」が使用中止?コロナ「謎対策」生まれるワケ(withnews10/26) 「ある図書館では『貸し出した紙の本をアルコールで消毒』…読んだ後、顔を触らずに、手を洗えばいい。紙を傷めてまで本自体を消毒するというのは、合理的とは言えない」

朽木誠一郎さん
台風の時の養生テープみたいに根拠のないスピリチュアルな世界を人は信じてしまうよね。
無知な現場が予想で暴走しちゃう話。

(うちの職場でもいくつかある。誰も守ってないけど)
/
「過剰な対策」というよりも、テロ対策名目のゴミ箱撤去と同じで「メンテナンス費用はかかるが利用料金をとれない設備」を撤去するための体のいい口実になっているような気がする。
謎対策が散見されるけど、ワクチンができるまで
その風潮はおさまらないだろうな。
コロナ禍で潔癖症になった人結構いると思う。
こいつらは清掃する人の立場を考えてないのな。ハンカチくらい持ち歩けよなあ。
<一度、始めたことを止めて、もし感染者が増えたら。
そう危惧すると対策はどんどん膨れ上がって、その時点ではもう根拠がなくなっていたり、合理的でなくなっていたりするものが混じってしまう>
(ウィズニュース)

「使い回しのタオル禁止」は分かりますが、使い捨てのペーパータオル禁止?
理由が知りたいですね

「ただ単に、経費削減の為」であれば、そんな施設に行きたくない
なかなか良い意見。
「やらないよりやった方が…」という罠
何もしないが最善策だとしても何かしないと気が済まない人っているんだよなぁ -
単に経費節減のための逃げ口上
この謎対策をやっている場所のほとんどが、ドアノブや周辺が手洗いの水で汚れていて、利用できない状態になっている店が多い事…
ほんの少し先の未来も想像出来ない人間の何と多いことか…。
ペーパータオルは使い捨てだから衛生的だよね。それを使用中止にするのはおかしいですよ。
何故それが必要なのか理由を考えたらわかることだと思うのだけど、意外と考えない人って多いんだなってのは実感している。
何のために必要とされて始まったのか、それは今はどう有効なのか、を考えないで取り締まりだけ続く現象、校則とかオタク村の掟でも色々あるけど、感染症対策でも検証する必要ありますね

|
バンコクのモール等のトイレは大抵ペーパータオルが置いてあって衛生的だしコロナ時代にマッチ!と思っていたのでこの記事にはビックリですわ。

日本のトイレは設置してあるところ自体がすごく少ない😅
なんかもう
笑えてくるね
コメントにもありましたが、間違った認識や思い込み以外に、便乗もあると思います。正直、例えばペーパータオルなんか、コスト半端ないですし。でも、それならそれで、コロナ対策とせず、正直に
昨日の上映会で手用アルコールを出してくれる人がいたんだが、メーカーがポンプ一回押しの分量考えてボトル作ってるのになんでそれしか出さんの?ってくらい少量しか出してくれず謎対策気味だった。

なぜ「ペーパータオル」が使用中止?
お前は何を言っているんだ。>

『ある図書館では「貸し出した紙の本をアルコールで消毒している」という話も聞きました。これも同じで、読んだ後、顔を触らずに、手を洗えばいい』
そうそう、気になってたのよ。
「本を消毒する」のではなく、「本を読んだら消毒する」のが正解。
こういう風に検証、テコ入れしていくのが大事だよなぁ。なんとなくやってる、指導されたから、とかかなり多いはず。/ |
ペーパータオルは置いておいていただけるとありがたいというか、ペーパータオルがないから手洗いやめとこ、みたいな人が何人も出てしまうと本末転倒ですよね…今の時期、手洗いは特に大事なので…。|
ウチの管理物件でも「他がやってるのに何故やらないんだ」というアホの声が大きくてペーパータオル廃止にしたビルもありますね

説明しても聞く耳持たない

|
これ本気で謎。

ハンドドライヤーは飛沫が飛び散る可能性を考えてるだろうからまだ分かる。でもペーパータオルもなければ手を乾かせないわけで。

しかも濡れた手は、乾いた手よりも数倍は細菌を運ぶリスクがあります。
謎対策の極みすぎる。
震災後もそうだったけど、コロナにかこつければ何でも許されると思ってる風潮本当に嫌い
不思議な対策だな😔
これに限らず、感染症対策と特に関係ないけど、対策と言うことにしてコスト高なサービスを中止しているようなのはいくつか見かける。
こういうきっかけでもないと過剰サービスが整理できないのもつらい。
- ウィズニュース

ハンドドライヤーの使用中止(場合による)
水飲み場の冷水機が使用中止
貸出した紙の本をアルコール消毒
2m以上の距離確保でもパーテーション
「止めたい」のにやめられない。
ほんと、謎対策が多いんですよね。同調圧力対応というか、"コロナ警察"対策という面がもはや大きくて、疾病対策ではないなと…。
感染症対策コンサルという仕事があるの初めて知った~
正しい情報ほど広まらないもんね。
こういった専門職の方がきちんと伝えてくださるのはありがたい。
「感染症対策は盛ることは易しくても削ることは難しい」と専門家。やらないよりやった方がいいと思いがちですが、コストやスティグマの問題もあります。その時点で判明している科学的根拠に基づき、「必要十分」な対策をする。そのために必要なのは社会の空気の変化です。
記者会見でも距離を撮ったりマスクをしたりしているのに、パーティションを設けている場合が多いですね。レピュテーションリスクを考慮してのことだとは思いますが…。
「感染症対策というのは、盛ることは易しくても削ることは難しい」

「謎対策」が頻発するコロナ世界の本質を、専門家の堀さんが言い当ててくれています。私も公園でのジョギング中のマスクはもうやめました。アップデートしていきましょう
>2m以上の距離が確保できているのに、アクリル板などのパーテーションを置いている場合もあります。さらに、フェイスシールドやマウスガードをしていることも。距離が確保できているなら、それ以上は必要ありません


2m以上の距離で感染したケースはたくさんあるのでは
てっきりハンドドライヤーの使用中止だと思って読んだらペーパータオルで「???」となった、間違えちゃったのか?: | 気になる話題やネタをフカボリ取材
謎対策のことだけじゃなく、じゃあ何に気をつければいいのか?も書かれててよかった
「謎対策」とは少し話がずれるけど、国と自治体で乱立してる感染確認アプリの類(+施設での記帳)も、統一しないと効果が薄くなるのに誰もやめようと言い出せなくなってるもののひとつかなと:
根拠不明や合理的でない謎対策が、、、
興味深い記事。合理的に。冷静に。
そしてやはり手洗いは有効。
大事な話がたくさん書いてある。こういう話なかなかメディアで見かけない。
"感染症対策というのは、盛ることは易しくても削ることは難しい"
"そこにつけ込む商売もあり""例えば「空間除菌」などはその最たるもの。科学的根拠もなく、むしろ人体に害がある危険性があるのに、今も街中では「空間除菌」をうたう店が見られます"

アップデートとても大事
情報アプデが遅れているという指摘。>始めたことを止めて、もし感染者が増えたら。そう危惧すると対策はどんどん膨れ上がって、その時点ではもう根拠がなくなっていたり、合理的でなくなっていたりする / なぜ「ペーパータオル」が使用中止?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR