アマビエブームで見逃されたこと 民俗学者が書く「物言う魚」の本質

新型コロナウイルスの流行以降、想像上の存在が、にわかに注目を集めています。SNS上では、妖怪や大仏のイメージが流行。「疫病退散」の願いを込め、その姿を描いて拡散したり、仮想の「仏像」を造るアプリを使っ...

ツイッターのコメント(29)

これもあわせて読むと興味深い
引用:.. 水木しげる氏の彩色によりピンクやグリーンで装ったイメージが流通しているが、瓦版に載ったアマビエを当時の人はおぞましく感じただろう。そして災難をもたらす脅威の存在として流布していったように思えるのである。この「物言う魚」は疫病の原因だったかも(続
@furifurido 疫病退散!
ってしてくれる神様だと思ってました。
私も自作のイラスト自分のデスクに貼ったりしてましたが、1週間くらい前にこの事実を知りまして、
衝撃でした!
>「アマビエバブル」がはじけたとき、売れ残った商品がどうなるかを案じてもいる。

弾けた時に困るような突っ込み方をするのがよくないよね、そもそもね(登録商標出願とかね)
民俗学者って記事が出るとたいてい畑中章宏だけど、すると「畑中章宏は民俗学者じゃない」ってのがすぐツイッターに流れてくる
アマビエブームで見逃された
新たな民間伝承として広まったアマビエは厚労省のアイコンとして「公」にかすめとられてしまった。
「物言う魚」を消費するのではなく、その不気味な姿形を今回の疫災の経験とともに忘れてはいけない。
角大師の存在がチラリとも出てこない……。

| 気になる話題やネタをフカボリ取材(ウニュ)
関連する妖怪が網羅されていて面白く読んだ:
「これまで経験したことのない事態が次々と起こるため、記憶が追いつかない」というそこはかとない不安。アマビエなどのかたちをとる伝承は、忘れてはならない記憶を人々の中にとどめ共有化するために編み出されたようにも思える。コロナ禍はどんな伝承を残すのだろうか。
これ気になってた。アマビエはどんどん写真撮ってタグつけて拡散してと言ってるだけで病を治すとは言ってない。まさにアマビエの思うツボw
ブーム自体は面白い。
- withnews(ウィズニュース)@withnewsjp
 
PR
PR