TOP > ネタ・話題 > 参院選で記者は反省した 「生きづらさ」のうねり、ここまでとは…… - withnews(ウィズニュース)

参院選で記者は反省した 「生きづらさ」のうねり、ここまでとは…… - withnews(ウィズニュース)

82コメント 登録日時:2019-07-20 22:34 | withnews(ウィズニュース)キャッシュ

7月21日投開票の参院選では、選挙直前に年金への不安から生まれた「2千万円問題」が浮上しました。日本では「貧困」が大きな関心を集める現実があります。参院選の取材を通して見えた「生きづらさ」について考えました。...

Twitterのコメント(82)

山本氏の演説動画を見て涙し、5万円ほどしかない貯金の中から1万円を寄付しました。「僕に『生きててくれよ』と叫んでくれたのは、山本さんだけですから」(牧内)
ウイズニュース記事「山本氏の演説動画を見て涙し、1万円を寄付しました。「僕に『生きててくれよ』と叫んでくれたのは、山本さんだけですから」と、男性は私の取材に話しました。」
こういうの、もっと早くに出して欲しかったな…😑
@anmintei withnewsで書かれていたように、今回の参院選でれいわ新選組が躍進したのは、「みんなが自分らしく生きてていい」という山本太郎さんや安冨さん、他の候補者のメッセージが、生きづらさを感じている人たちの心に響いたからだと思ってます。
山本氏の「生きててくれよ!」に共鳴

息子がひきこもりになった親
周りと同じペースでできず発達障害ではないかと悩む女性
親と分かり合えない性的少数者

貧困だけではない
「生産性ではなく、存在しているだけで人間は価値があるという社会を実現するために政治がある」
行き過ぎた行動にヤバイかもと思うことがあったけど、政策は何をやらなければいけないかがよく伝わった。言葉もわかりやすかった。身近な問題に共感した。
れいわを支持する人たちの思いを探る良記事。
山本太郎の考え方は、僕は感動するしなんなら泣くし、想いが本物だから、響くんだと思う。
「アツい」「サムい」って冷笑的にはねのける社会を、そろそろ変えよう。
貧困ビジネスの一種だよなあ
この記事はいい!
同様に取材され分析された方もいらっしゃるでしょう。
それがもう少し早く、もっと広く伝えられたらと残念です。
でも次に向けての糧になればいい!
ようやっなぁ…ホントに。
生産性ではなく、存在しているだけで人間は価値があるという社会を実現するために政治がある、
という言葉に胸が、じん、てなった(鳴った)。
他の政党のような他者の悪口や攻撃がないこと、そして「生きてほしい」という明確なメッセージしかないこと。欲や見栄しかない人には理解できないだろうけど、綺麗事ではここまで出来ない(/ _ ; )
いい記事だと思う。

「生きづらさ」のうねり
一切の報道を見ずに、現場を見ずに、SNSで流れてくるものだけで判断することがいいわけではないのは無論のこと。
でも、この記事には考えさせられるものがある。
生きづらさ のうねり

臨床を始めた頃よりもはるかに。ほんとうに肌で感じる。
「」
「“誰もがありのままの姿で生きる価値がある”。そのことをこれ以上ないほどシンプルに、分かりやすく提示した人選だと言えます。」
「山本氏の演説動画を見て涙し、5万円ほどしかない貯金の中から1万円を寄付しました。「僕に『生きててくれよ』と叫んでくれたのは、山本さんだけですから」」
まだ選挙権を持たない若い人たちへ。昨日の選挙の結果に絶望した?あそこまで安倍政権にコケにされてなお、自民党に票を入れる人がこんなにもいるのかと。そしてこんなにも投票率が低いのかと。でもニヒリズムに陥らないで。ニヒリズムこそが今回の結果を生んだのだから。
彼がもしこの声聴いていたら😭

「生きててくれよ!」が、れいわ新選組の人気の最大の要因だと「消費税廃止」や「反緊縮」等の政策も話題を集めましたが、多くの人が「生きづらさ」を😩

貧困にあえぐ人びとが託した寄付!
山本太郎が「そんな夢みたいな事」で支持者がうっとりとしていてもそんな彼等を多数派は決して笑えない。夢見る支持者の多くが直面する「リアル」を見て見ぬフリをしてきたのが他ならぬ多数派なのだから。

参院選で記者は反省した
「山本氏の演説動画を見て涙し、5万円ほどしかない貯金の中から1万円を寄付しました。「僕に『生きててくれよ』と叫んでくれたのは、山本さんだけですから」と、男性は私の取材に話しました。」
-
朝日の中にもこんな記者が居て、こんなメディアがある。
テレビ朝日の人達は彼と一緒に「ジャーナリスト」として並んで立てるのか。
それとも「番組制作者」という作業者でしかないと言い訳を始めるのか。
フェイスブックより
参院選の本質を突くこんなに素晴らしい記事があるのに新聞には掲載せず関連サイトにしか配信しなかった新聞社はかなりおかしくなっている。参院選報道はあまりに空疎だった。山本太郎が作った世の中のうねりをほとんど伝えなかった。信頼失墜だ。誰がどう責任をとるのだろう。
マスコミはこの世の中の生きづらさを受け止めるべき。
あと1時間で投票箱が閉まる
昨日から気になってる記事

模範学生の模範レポートみたい、署名を見たら『過労死 その仕事、命より大切ですか』を書いてくれた牧内昇平氏(朝日記者)

キーワードは『生きづらさ』
時代の基底にある気分をすくい取った訴えが、出口を照らすか
誰もが生きていたいと思える社会が欲しい。選定、品定めされるのは真っ平だ。
過眠症罹患者が議員になるのが、一番「あいつ居眠りしてる」「また遅刻してきたぞ」など、あのなんとも言えない生きづらさを体現出来そうな気がしてた。当事者大事
*今からでも遅くない❗ れいわに清き一票を‼️
「生きづらさ」って何?
問題の本質を逸らしているだけな気がするが…。
昔、「希望は戦争」と言っていた人が居たけどね、いつまにか大きなものに絡め取られていたね。
「存在しているだけで人間は価値があるという社会を実現するために政治がある」「誰かの命を選別することを許してしまえば、あなたの命も選別される時がくる…今、ブレーキを」山本太郎>牧内昇平:
生きてるだけで価値がある。
私たちが伝えてる人権もそうです。
「生産性ではなく存在しているだけで人間は価値があるという社会を実現するために政治がある」いい言葉だ。山本太郎さんとれいわ新選組の仲間たち当選してほしい❗️
投票用紙、どこまで有効? 「松丸まこと」候補の場合… -
読んでいるうちに涙が出た…。
ここまでにした今の政権の驕りを断ち切ろう⁉️
選挙とは富裕層と庶民の戦争。今回も我々富裕層の勝利だ。庶民は搾取を甘受せよ!それが民主主義!安倍晋三閣下万歳🙌庶民に貧困を!絶望的な貧困を!金持ちにもっと金を!民主主義最高! / “ - withnews…”
「自分は生きてていいのかって。生きててくれよ! 死にたくなるような世の中やめたいんですよ!」

山本太郎さんのこの言葉はホントに響いた。稼げない人間に人権いらない、みたいなの早くやめませんか?
たくさんの人に太郎さんの声が届いています。

生きづらさのうねり
記者なら記者らしく、報道の在り方について反省、猛省していただきたい。
ちょっと反省すんの遅すぎやん!
すばらしい良記事。
今回の選挙って
「生き方」が
問われてるんですね。

ネコの生き方に学ぶ
なんて話があったけど、
確かにエサが欲しかったり
淋しかったら
こちらの都合なんか関係なく
しつこくニャアニャア泣く。
満足してる時は知らんぷり。

空気も忖度も関係ない。🥰
生きててくれよ
幸せになる権利を持っていること、そんな当たり前のことをストレートな言葉で呼びかけたことが、人びとの心をひきつけたのだと考えます。

 「生きづらさ」のうねり、ここまでとは…
報道に携わる記者の皆さんには、大いにがんばってほしい!
「生きててくれよ!」という山本氏の言葉。
「自分は『抵抗者』として日々を送れているか、悔いのない人生を送るために社会と闘っているかを自問しました。」
まあ、そういうコトだよね。
日を重ねる毎に、年を重ねる毎に生きづらさを感じてしまうよ!
とても、良い記事。ぜひみなさんに読んでいただきたいです。
私はこの「生きててくれよ!」が、れいわ新選組の人気の最大の要因だと感じました。
多くの人が生きづらさをかかえる世の中で、誰もが生きる権利、幸せになる権利を持っていること、そんな当たり前のことをストレートな言葉で呼びかけたことが、人々の心をひきつけたのだ。
みんな感涙にむせんだ、と絶賛したれいわ新選組・山本太郎の街頭演説と解説はこれ!→ »
をみて反省した新聞記者もいたが、参院選を取材していて反省した記者もいました。
反省したその日は行動を変えるのに一番若い日です。これまでサラリーを貰う手段だったのが、本当の職業になったのです。おめでとうございます。
投票に行こう!
日本の社会を諦めてはいけないよ!
民主主義を諦めてはいけないよ!
自分を諦めてはいけないよ!
参院選が終わっても、太郎さんの叫びは私達の胸に刻まれ続けることだろう。
きっかけを作ってくれた太郎さん。それに続くしかないやろ!
「生産性ではなく、存在しているだけで人間は価値があるという社会を実現するために政治がある」

「誰かの命を選別することを許してしまえば、あなたの命も選別される時がくる。それをなんとしても今、ブレーキをかけておかないと駄目なんです」
反省したやと?遅いわ田吾作!あれほどのウネリに勘づかないとかセンスないから廃業しろ!
生きててくれよ、と山本太郎。この世に生を受けた者を取りこぼさない姿勢。マザーテレサに似てると思った。
朝日新聞の記者の方が取材で感じた気持ちをレポートしてくれています。なかなか気持ちのいい記事です。
しかしね、民主党が政権をとっていた時の方がもっとお金はまわってなかったよ。自民の政治だけが原因ではないよ。もっと根源的な問題を考えようね!おバカちゃん→
生きづらい奴は誰にも迷惑かけずに死ねばいい。
そうなったのは全て自己責任。
選挙前日。
国民から搾取し、不満の矛先逸らしに分断する政治。
だからこそ山本太郎さんの言葉に希望を見いだす人が多いのだろう。
全員当選へ祈りを込めて。
#山本太郎
#れいわ新選組
#選挙に行こう
理想主義なのかもしれないけどね。
理想のために行動することは間違っていない。
いい記事だと思った。
ギリギリで朝日が!
記事を出した!
「生産性ではなく、存在しているだけで人間は価値があるという社会を実現するために政治がある」←この言葉がストレートに心に響いた。本来、こういう社会であるはずなのに、と思った。
結局 メディアも安倍自民党も 国内で貧困にあえごうが引きこもりで苦しもうが自殺者が多かろうが 被爆しようが当事者ではないから知ったこっちゃないのだ。
ただ自分たちは関係ない顔で自分たちに都合のいい仕事をする。
山本太郎は本気で政権を取るつもりだ。だから本気で応援しよう!
・公明党を落とすほうがずっと簡単です
読んだ
私も泣いた1人だ
"山本氏の演説動画を見て涙し、5万円ほどしかない貯金の中から1万円を寄付しました。「僕に『生きててくれよ』と叫んでくれたのは、山本さんだけですから」と、男性は私の取材に話しました"
多くの人が「生きづらさ」をかかえる世の中で、誰もが生きる権利、幸せになる権利を持っていること、そんな当たり前のことをストレートな言葉で呼びかけたことが、人びとの心をひきつけたのだと考えます。 

 「生きづらさ」のうねり、ここまでとは…
れいわ現象の深いところまで、論考している、いい記事です。
私も渡辺てる子さんなどの候補者にぐっときました。
朝日新聞の記者が記事UPしてくれたらしい👍👍👍 大拡散や👍👍👍
山本太郎「生産性ではなく、存在しているだけで人間は価値があるという社会を実現するために政治がある」
「誰かの命を選別することを許してしまえば、あなたの命も選別される時がくる。それをなんとしても今、ブレーキをかけておかないと駄目なんです」
"山本氏の演説動画を見て涙し、5万円ほどしかない貯金の中から1万円を寄付しました。「僕に『生きててくれよ』と叫んでくれたのは、山本さんだけですから」と、男性は私の取材に話しました。"
ギリギリで出せば許される的な?
マスコミが協力してくれれば、もっともっと沢山の人が心惹かれたでしょう。
山本太郎‼️ 日本の希望の星です‼️
ここまで庶民に寄り添ってくれる政治家はいませんでした‼️
朝日新聞記者
れいわ新選組記事

「 「生きづらさ」のうねり、ここまでとは……」
《私は「れいわ新選組」の動きを追い、支持者の話を聞く中で、自分の周りにいる「生きづらさ」に悩む家族、友人のことに想いをはせました。そして、自分は「抵抗者」として日々を送れているか、悔いのない人生を送るために社会と闘っているかを自問しました》
ありがとうございます。記者魂を感じました。これからもどうかこの国のためにペンを取り弱者のために寄り添ってください。応援しています。
以上

記事本文: 参院選で記者は反省した 「生きづらさ」のうねり、ここまでとは…… - withnews(ウィズニュース)

関連記事