部落・在日コリアン…差別がよみがえった 20年取材した記者の驚き - withnews(ウィズニュース)

 20年あまり前に部落差別や在日コリアンを取材した記者は、関係者の多くが高齢化しており世代交代とともに差別の問題もいずれなくなるだろう、と考えていました。しかし、ヘイトスピーチや「全国部落調査」の地名...

ツイッターのコメント(44)

| withnews(ウィズニュース) | 気になる話題やネタをフカボリ取材(ウニュ)
いじめや差別してしまう精神状態を香山リカ @rkayama 先生が解説、弁護士懲戒請求→謝罪した男性へ取材、地名リスト復刻問題、津田大介さん解説など、北野隆一さんが20年の流れを記事に。
withnews
「差別とは何か」「何がいけないのか」という根本的な問いから、やり直さなければならない社会になっているのではないか。
あまりにも表面的な捉え方。

差別の本質が理解できていない。
何故、差別を辞められない?無くせないか?
朝日新○さんの記者やデスクってイタイ人ばかりなのですか?
自分達が煽って、掘り返したり、作ったりしているからですよ。
「差別」が大好きで大好きで、食い物、金儲けのネタ。辞められない。
マトモな記事書きましょう?
20年前なんて在日とか部落とかだれも話題にも気にもしないし、社会的な差別自体消えていっていたはず。
それを蒸し返し社会の前面に押し出すことによってかえってあたかも酷い差別があように蘇らせたのはこうした朝日新聞等左翼紙。
「『差別とは何か』『何がいけないのか』という根本的な問いから、やり直さなければならない社会になっているのではないか」

- withnews(ウィズニュース)
「戦前に日本は朝鮮半島に何をしたのか。歴史の教訓が引き継がれず」

家族や友人と政治を語らない日本社会、

公のメディアが圧力に負けて公正な立場の役割を放棄し、

教訓を踏みにじる歴史改ざん政権の過ちに目をつぶる今の状況は、

過去への反省が無かった証。
このコラム主は朝日新聞の編集委員。
余命の被害者以外は
香山リカ氏、津田大介氏
といったおなじみの声ばかり
ネットが無い時期から差別と叫び
事実が明るみになって
差別と叫び悪法の成立を煽る
20年取材した記者の驚き。 人はなぜ差別やいじめをするのでしょうか。「差別やいじめは被害者に原因があるのではなく、加害者に原因がある。被害者ではなく加害者の問題なのです」
 
PR
PR