TOP > ネタ・話題 > 「福岡の川にマンボウが…」話題になった個体のいま 解剖調査を取材 - withnews(ウィズニュース)

「福岡の川にマンボウが…」話題になった個体のいま 解剖調査を取材 - withnews(ウィズニュース)

26コメント 登録日時:2019-04-17 09:36 | withnews(ウィズニュース)キャッシュ

解剖調査を独占取材、お腹をひらいてみると…実は「○○」だった!...

Twitterのコメント(26)

"「珍しいものばかりではなく、いろいろな資料をバランスよく集めていく。そんな地道な活動を続けるのが、博物館だと思っています」"
"自然史の世界では、小さいも大きいもなく、本来どんなものにも価値がある、という日比野さん"
自然科学に限らず、研究って地道なものよね。
@yarimanbowbot 河川で見つかったヤリマンボウとか?

私の住んでいる場所の近くでも去年発見されましたね。九州北部の発見例が多いのかな?
自然史友の会の活動意義にも触れていただいている良記事です。
日比野学芸員(魚類担当)も登場します。

 解剖調査を取材:with news
「川にマンボウがいる……」。2018年の年末、福岡県福岡市で発信され…
@M348289568 樋井川にスッポン!笑 そういえばこの前マンボウも見つかってたでござる
スペースワールドの現在が見られたり、マンボウの臭いの例えがカブトガニだったり、脇の情報も楽しすぎる
【 - withnews】
この記事は力作です!

あのヤリマンボウはメスだった!😅

あの家の裏でマンボウが死んでるPの曲で思い出します。🍎🐟
リアル『へんなものみっけ!』の世界がそこに😅

■ そして前ツイートに早川先生のリプが…わざわざありがとうございます🙏。びっくりだ。
マニアックなたとえがじわじわ来る良記事であった。
マンボウの大きさを伝えるのにやたらALFEEの高見沢俊彦(とそのギター)のサイズを比較対象として持ち出すのに笑ってしまう
マンボウの大きさの比較対象がエンジェルギターってさぁ…w
マンボウの事はよく分からないけど、この記事を書いた人がアル中(ALFEEファンの意)なのは伝わったwwwwwww
あのマンボウが!解剖調査されていました( ´∀`)!→
またこれも良い記事だな。 / “ - withnews(ウィズニュース)”
ちなみにこの日比野さんは日本で4種目のナマズ、タニガワナマズの発見者でもあり、そのナマズはいのちのたび博物館に生体で展示もされてるぞ。
このニュース
明らかに異質なTシャツを
着てる人がいて笑ってる
研究者や博物館の事情までレポートされている、いい記事でした❣️
なんかもう勘弁してくれよってくらいネタの宝庫だなこの記事は。
当時、見かけた記憶のあるこのニュース、「マンボウ(マンボウ属)」じゃなくて「ヤリマンボウ(ヤリマンボウ属)」という名前だったことにめっちゃ驚いた。
どうして草香江新橋にいくのに西新駅で降りた…六本松駅でしょうに…と変なところが気になった民◆
家の裏でマンボウが死んでる
昨年末のヤリマンボウさん、北九州の「いのちのたび博物館」に保管されてるのね。
…そして、スペースワールドのこともチラッと…😭
いきなりエンジェルギター出てくるのが謎w
「自身の研究の話になると、マンボウのときの数倍目が輝く日比野さん」・・ 良い記事ですね! /
以上

記事本文: 「福岡の川にマンボウが…」話題になった個体のいま 解剖調査を取材 - withnews(ウィズニュース)

関連記事