教室に障害児が……親の「本音」は 当事者じゃないとわからない? - withnews(ウィズニュース)

5コメント 登録日時:2019-04-16 08:57 | withnews(ウィズニュース)キャッシュ

 障害児の就学には、様々な意見があります。特に、通常学級で障害の有無にかかわらず一緒に学ぶことについては、ネット上で否定的な声が目立つこともあり、健常児と障害児の教育を巡る考え方の溝は深いようです。「当事者にならない限り知ろうしない」という健常児の親たちの現実的な空気感、「こんなやりがいのある育児は...

Twitterのコメント(5)

障がいがある子供と健常者の子供が一緒に学んだり遊んだりすれば、障がいについても自然と理解が深まると思うのだが。
そうなんだよね〜^_^;結局は他人事だから理解をしてもらうっていうのは難しいよね(ーー;)
- 朝の会、テスト『みんなと同じに』テクノロジ…
挑戦的なタイトルだなあ…。ヤフコメの方も読んだけど、「普通」の親にとっては大人しくて迷惑をかけない障害児じゃなきゃ受け入れられないのかもね…。

- withnews(ウィズニュース)
子ども配慮はされても、保護者の障害は学校側の配慮無いんだよね、PTAの役回り。無理してやったら2次障害行き。
以上

記事本文: 教室に障害児が……親の「本音」は 当事者じゃないとわからない? - withnews(ウィズニュース)

関連記事