「いじめ、受けた方が悪いんですかね」障害児との共生、阻むもの - withnews(ウィズニュース)

10コメント 登録日時:2019-04-12 09:28 | withnews(ウィズニュース)キャッシュ

 障害のあるなしに関係なく子どもたちが一緒に学ぶインクルーシブ教育は、受け入れ環境の地域差、教員による運営の違い、保護者同士の関係など実現には様々な難しさがあります。だからと言って、あきらめていいのでしょうか? 多様性を認め合うことは、社会に必要なプラットフォームのようなものです。健常児と病児の両方...

Twitterのコメント(10)

>その選択や判断によっては、人生が180度違ってしまうことがあるということを周囲は十分理解すべきです。
いじめられる方に落ち度があるってそんなわけないでしょ。仮にあったとしてもそれがいじめていい理由になんてならない!
今年は就学について考えて動かないといけない年。年齢が上がってくると、また新たな問題に直面するよね。
……親は常に色々考えていかないといけないね。
インクルーシブ教育について私が気になることが書かれている。特に就労。普通級で問題なく卒業でき、大学にも進学できたとしても就労はまた別👉
ただ悔しい。どこに通うか、だれの担当になるかで全然違う。「良好な学校生活を送っていたと思っていても、一瞬で崩れることがあります。そこにあるのは、学校や教師の対応力の差があるのかもしれません。」障害児との共生、阻むもの -
の取り組みや問題点を提起しているが、それぞれに理解度にバラツキがあるせいで当事者が不利益を被るとの事。

やはり国が先導して安定した教育が受けられるように整備が必要
@姑は平然と子供の前で「あの子は…」と悪口を始めるので困る。
障がいの理解には環境って大切。環境づくりを広めたい。
「信頼できる担任教師、理解がある同級生といった環境が整っていることで、トラブルは起きていない。」記者
まあそうだよなあ。受け入れ側に知識、経験、意識の大きなばらつきがあるのが最大の問題だろうな。一般的ないじめ問題などのトラブルに対する態度にも共通するだろうけど。~
そうゆうものなのか⁇

当事者の話を聞いていると、障害児の保護者と健常児の保護者との間に溝を作ってしまう原因の一つに、PTA役員の選出を挙げる人が複数いました。
以上

記事本文: 「いじめ、受けた方が悪いんですかね」障害児との共生、阻むもの - withnews(ウィズニュース)

関連記事