「教室にいて当たり前」じゃダメ?障害ある子の学び方、一つじゃない - withnews(ウィズニュース)

4コメント 登録日時:2019-04-11 09:15 | withnews(ウィズニュース)キャッシュ

 障害がある子どもたちが、義務教育を終えた後でも学びが継続できる場をつくる取り組みが進んでいます。学びのスピードは人によって違います。校長時代、インクルーシブ教育に向けて学校改革をした小学校の元校長は今、NPO法人「特別支援教育研究会」を保護者と一緒に設立し、未来教室を開いています。目指すのは、障害...

Twitterのコメント(4)

教師は学校がすべてだと思っていますが、療育や行政、医療といった関係者と一緒に、その子どもに合った支援を考えていかなければなりません

「教室にいて当たり前」じゃダメ?障害ある子の学び方、一つじゃない - withnews(ウィズニュース)
「教室にいて当たり前」じゃダメ?障害ある子の学び方、一つじゃない を実践してる人の話。
「共生社会」「多様性の尊重」
を語るのに大事な事は「どんな子達も一緒に学ぶ」
今の区分けの根本は「差別推奨」である事を忘れてはいけない。
「教室に居て当たり前」じゃ駄目?、障がい有る子の学び方は決して一つではない。
これが学校での当たり前になって欲しい。
以上

記事本文: 「教室にいて当たり前」じゃダメ?障害ある子の学び方、一つじゃない - withnews(ウィズニュース)

関連記事