「がんばってもバイトやパート……」障害者の自立、本当に必要なこと - withnews(ウィズニュース)

7コメント 登録日時:2019-04-09 07:57 | withnews(ウィズニュース)キャッシュ

 障害児の就学先選びの悩みは、小学校入学で終わるわけではありません。中学校のほか、義務教育ではない高校や大学、そして就職といったそれぞれの節目で親たちは悩んでいます。障害者雇用枠があるから簡単に就職できるわけではない現実の中、将来的には自立を目指していくための就学先選びで必要なことは何か? 親たちの...

Twitterのコメント(7)

(一社)障害者自立支援協会は、頑張った人には高賃金・高福利厚生を行うA型事業所です。
働いている障がい者の人は、一般企業に行くよりも遥かに条件が良いので、定年まで働きたいと言っています。そういうA型事業所にすべきと思います。
頑張った人には、高賃金・高福利厚生を行うようにすべきだと思います。私の知っているA型事業所は、そういう事業所を目指しています。
働いている障がい者の人は、一般企業に行くよりも遥かに条件が良いので、定年まで働きたいと言っています。そういう雇用にすべきと思います
◆「がんばってもバイトやパート……」障害者の自立、本当に必要なこと

障害者就業支援センターの夏目さん「企業によって求めることが違います。だから就労先選びは、マッチングが大切なのです。そのマッチングによって定着率は変わってきます」

|ウィズニュース
「がんばってもバイトやパート……」障害者の自立、本当に必要なこと この記事はいかに弱者に冷たい「今だけ、金だけ、自分だけ」を実践してる企業が多い事を露呈している。
国はこの現状を打破すべく法律で実刑も含む処罰を検討すべし
「障害児の就学先選びの悩みは、小学校入学で終わるわけではありません。中学校のほか、義務教育ではない高校や大学、そして就職といったそれぞれの節目で親たちは悩んでいます。」 / “「がんばってもバイトやパート……」障害者の自立、本当に必要なこと - withnews(ウィ…”
読み聞かせを再開したのね。すごいな。一冊の絵本を1ヶ月かけて自分の納得する出来になるまで繰り返し繰り返し練習していた彼女。今も同じように自分に厳しく練習してるのかな。また聞きに行きたいです。
頑張れば報われる…という考え方は、どこか綺麗事のように思える。

本人の働く意思があっても受け入れ先がないのが、障害者就労の現実なんだよな。

👇

「がんばってもバイトやパート……」障害者の自立、本当に必要なこと - withnews(ウィズニュース)
以上

記事本文: 「がんばってもバイトやパート……」障害者の自立、本当に必要なこと - withnews(ウィズニュース)

関連記事