「手かからぬ子いない」障害児受け入れ、学校トップに必要な「覚悟」 - withnews(ウィズニュース)

5コメント 登録日時:2019-04-08 07:50 | withnews(ウィズニュース)キャッシュ

 インクルーシブ教育は、受け入れ態勢や周囲の理解において課題が少なくありません。だからといって、あきらめるべきなのでしょうか? 親や教師によって理解度の違いがあることに直面した元教員。障害も子どもの特徴の一つだと考え活動する児童クラブ。子ども同士が学び合う授業はどうすればいいのかを考える教員たち。各...

Twitterのコメント(5)

ー学校は変わらないと思われがちですが、学校もトップで変わります。

変わらないと決めつければ変わらないし、変わると信じて動けば変わる
大さん、素晴らしい。
チームのメンバーそれぞれが個人の想いも実現できる力が伸びて、それぞれのリソースが新たな価値を創り続ける組織にすることが僕のMISSIONの一つ。
フェロー、アラムナイ、職員など協働してくれている全ての人の可能性も最大化する「場」にする。
◆「手かからぬ子いない」障害児受け入れ、学校トップに必要な「覚悟」

「学校は変わらないと思われがちですが、学校もトップで変わります。みんなの意識が変わることで学校が大きく変化した例もあります」

(ウィズニュース)
「手かからぬ子いない」障害児受け入れ、学校トップに必要な「覚悟」 について取り上げられている。
本来あるべき姿に戻そうとする取り組み。
健常者の保護者の無理解には憤りを感じるが、焦らずにしっかり取り組んでほしい。
「手かからぬ子いない」障害児受け入れ、学校トップに必要な「覚悟」ウィズニュース

「障害がある、ない、というわけ方だけでなく、一人一人の特徴を見ればアレルギーの子もいれば難病の子もいる。手のかからない子どもはいない。子どもごとに必要な支援は何かを考えている」
以上

記事本文: 「手かからぬ子いない」障害児受け入れ、学校トップに必要な「覚悟」 - withnews(ウィズニュース)

関連記事