年収700万ポスト捨て「ボブスレー選手」に それでも出たかった五輪 - withnews(ウィズニュース)

3コメント 登録日時:2019-04-06 10:21 | withnews(ウィズニュース)キャッシュ

中学から大学までは陸上競技で活躍するも、日本一の座だけはとれなかった長岡千里さんが、選んだのが「氷上のF1」と呼ばれるボブスレーでした。20代前半で年収700万円の支店長だったキャリアを捨て、無職のまま長野に向かいました。ゼロからのスタートが決意できた理由。五輪代表になれたことで見えたマイナースポー...

Twitterのコメント(3)

朝日新聞社withnewsで「アスリートのセカンドキャリア」を追っています。今回は元ボブスレー選手の長岡千里さんを取材させていただきました。『年収700万ポスト捨て「ボブスレー選手」に
年収700万ポスト捨て
「ボブスレー選手」に!!
それでも出たかったオリンピック

2006年冬季五輪
トリノ大会日本代表

長岡千里さん
(天理大卒)

- withnews
(ウィズニュース)
1976年、兵庫県生まれ。天理大学卒業後、00年に金融企業に就職。2006年に冬季五輪トリノ大会に女子ボブスレー日本代表として出場。2014年に廣瀬無線電機に就職。
以上

記事本文: 年収700万ポスト捨て「ボブスレー選手」に それでも出たかった五輪 - withnews(ウィズニュース)

関連記事