目の動きで車いす操作「サイボーグマスク」開発者が挑む「精神論」 - withnews(ウィズニュース)

まったく手を使わずにパソコンや電動車いすを操作できる「サイボーグマスク」。開発したのはロボット研究者の吉藤オリィさんです。オリィさんが試みる人間の「サイボーグ化」と、それを阻む「精神論」について、話を...

ツイッターのコメント(36)

@withnewsjp
このサイト、この記事に言及してるツイート検索結果のリンクがある
あまりやらないよね、面白い
吉藤オリィって誰?何してる人?
と聞かれたらこの記事が分かりやすいので紹介してください。
普段作ってる作品•発明やコンセプトがまとめられてる良い記事
この手の開発が早く進んでほしい!釣りに行きたいし、またバイクに乗りたい。
#身体障害 #難病
マスク装備した状態だと、
イケメン悪の科学者に見える!
@Ouraboros パックじゃないけど、オリィさんが開発したサイボーグマスク的なイメージ。
吉藤オリィさん➡︎
今の世の中に足りないものは「ちょっとした優しさ」。

分身ロボット「OriHime」を通じて、入院していてもクラスメイトと交流できるようになりました。「OriHime」開発者・吉藤オリィさん自身の辛い経験から、素晴らしいロボットが誕生。今後のご活躍も楽しみです。
かっこいい!
大切なことはテクノロジーよりも自分が何をしたいか?を知ること。
問題を把握できれば、ほぼ解決したも同然という言葉を思い出した。
解決策はみんなで考えたらいい。でも障害をそんなものだと諦めたり、解決できる問題だと認識しない限り、未来は変わらないんだと感じた。
 
PR
PR