「最強の語学使い」のシビアな世界 会談決まれば猛勉強、漫画も予習 - withnews(ウィズニュース)

5コメント 登録日時:2019-03-04 15:24 | withnews(ウィズニュース)キャッシュ

 首相の通訳といえば「最強の語学使い」。外務省職員で首相の通訳を務める2人に、どうやって語学の勉強や準備をしているのか聞きました。「事前準備が99%」というシビアな世界で、時には漫画の「ワンピース」まで予習をすることも。地道な努力を垣間見ました。(朝日新聞政治部記者・清宮涼)...

Twitterのコメント(5)

凄く面白い。よい記事。

>現地の新聞やインターネットでその国の最新のニュースも仕入れます。
>通訳中にメモはとりますが、事前の勉強が全てです
首相の外交の通訳する人も地道な努力。
外務省で首相通訳を務めるお二人(アラビア語とペルシア語)の猛勉強&準備万端の様子。
逐次通訳、同時通訳で日々勉強に訓練に頑張っている友人が何人もいるので、この大変さも苦労もわかります。
技術者会議とか学者の議論の場とか、本当に大変。
総理のアラビア語とペルシャ語の通訳官にインタビューしました。動画あります。
- withnews(ウィズニュース)
以上

記事本文: 「最強の語学使い」のシビアな世界 会談決まれば猛勉強、漫画も予習 - withnews(ウィズニュース)

関連記事