「日本最強の語学使い」首相通訳に迫る あのゴルフ会談では泥仕事も - withnews(ウィズニュース)

8コメント 登録日時:2019-03-03 10:44 | withnews(ウィズニュース)キャッシュ

 安倍晋三首相は第2次政権が発足した2012年12月から18年までの間に78の国・地域を訪れました。一方、日本にも外国からは多くの首脳や外相がやって来ます。そこで行われる会談を支えるのが、外務省の「通訳担当官」。“国内最強の語学使い”と言える通訳たちは、外交の最前線でどんな仕事をしているのでしょうか...

Twitterのコメント(8)

このしがみつく体勢はつらそう。

- withnews(ウィズニュース)
総理大臣の通訳ってどんな仕事? 外交の舞台裏を紹介します。
- withnews(ウィズニュース)
首相の通訳の仕事とは?トランプ大統領と安倍首相のゴルフを支える努力とは・・? 普段のニュースでは見えない、「外交の舞台裏」に迫ります。
ゴルフは交渉の場でも使われる。
安倍総理とトランプ大統領の話は
よくニュースでも取り上げられるが、
ゴルフのプレーがその人自身を表すいい材料になるからだろう。
人を知るには良い機会なのです。
外務省の通訳担当者のお話。とても面白い。お仕事とはいえ、皆さんとっても努力家ですね。見習わなければ…。
- withnews

"普段は様々な部署で通常の業務をしています。首脳会談や外相会談が行われるときに通訳としてかり出されます。特別な手当は出ないそうです"
外交官て大変ねぇ…(他人事
これはすごい画.....
トップ通訳者でさえもこの努力。見習おう。
以上

記事本文: 「日本最強の語学使い」首相通訳に迫る あのゴルフ会談では泥仕事も - withnews(ウィズニュース)

関連記事