女性の障害者が語る「性の悩み」夜の生活「イマジネーションの世界」 - withnews(ウィズニュース)

30コメント 登録日時:2019-02-16 15:23 | withnews(ウィズニュース)キャッシュ

「障害者と性」。最近では、テレビ番組で乙武洋匡さんが男性障害者の性を語り、話題となりました。一方で、女性障害者の性について語られることはほとんどありませんでした。でも、女性障害者だって性欲はある、はず。車イスグループ「BEYOND GIRLS」の梅津絵里さん(41)と中嶋涼子さん(32)に話を聞きに...

Twitterのコメント(30)

障害があっても諦めないって大事。
そしてなんとも赤裸々過ぎる、性のお話。
障害者の性の悩みってどんな特別なモノかと思ったら全然普通の話だった ◆
大切な問題なのでシェアさせていただきました。

まぁ、パートナーに恵まれる率から言えば、男性の方が低いとは思いますがね。
全然タブーじゃない。誰だってオープンに話せる・聞ける機会は必要!
障害者の性に興味がある。

僕の回りにも、精神、身体、知的に関わらず、結婚して出産してる人がいる。

その傍ら、障害があるゆえにセックスの本質がうまく理解できず、男性本意な行為を繰り返してしまうことになりピルを飲んでいる人も。
とても大切であり、重要な問題だと思う。
良記事。
発信したい人がいて、発信を手伝う人がいる。ネットは素晴らしい。
性について沢山の人に知ってもらいたい。私は挫折してしまったが…
性の話を開示してシェアしあえる友達が、どのくらいいますか?
とても大事なことだと思うんだ。
私への相談者さんも、性に関してあまり露骨には話せないようだけど、私はウェルカムです。
良記事。ぜひ一読を!→女性にまつわる性の問題は、見えにくいのが実情です。障害乗り越えた、終了!じゃなくて、その先、恋愛して、結婚して、出産して、子育てして…と人生は続くわけです。
すっっごく大事な話!
やっと日本でも公の場で語ってくださる方々が居られるようになりましたね
朝日新聞社のウェブメディア「withnews」に、梅津絵里と中嶋涼子が取り上げられました。
これは良い記事。夕刊「女子組・オトナの保健室」経由で、朝日本紙に殴り込みせぇ。
「障害者も恋愛やセックスができるし、家庭を持って子作りもできる。今の状況に絶望せずに、未来を夢見て欲しい」梅津絵里 @umeerin 中嶋涼子 @NakashimaMinion 良記事でした。▷ -withnews
いつもはBEYOND GIRLSの仲間である梅津絵里と、AbemaTV「Wの悲喜劇」にて障害者の性について語りました!今夜23時からオンエアなので是非見て下さい💕今回の出演と連動して記事も書いていただいたので、もし良ければ読んでください💕
知らないことが多すぎる!
なかなか聞けないというか何というか面白い!
障害のある人って、その人の人生すべてを障害が占めているかのように思われがちだけど、そうではないんだよね。
身体感覚が無くても性欲と言うのは生じるのか。あるいは便宜上性欲と称している別の感覚なのだろうか。
・障害があっても子どもを諦めたくなかった
・悩んでいたことが「車イスあるある」だった
・出会い系アプリ「プロフィールに“車イス”書かない」
これもすごくいい記事。障がいがあってもセックスや性生活を諦めないっていうことはめっちゃ必要。
特別支援の高等部もこの問題にぶち当たるのかな?
自分も少し勉強したけど、難しい。
良い記事だった。子どもが欲しいなら向き合わなきゃいけないし、オープンに語ってくれる人は救いになるな。
掲載されました✨
今夜Abema TV『Wの悲喜劇』の放送に先立ちまして、
何となくタブー視されている障害者の「性」について思うことを記事にしていただきました。
障がいあっても恋愛やセックスを諦めないでほしい!
障がい女性の性事情、悩みを率直に語っています!
書きました。
お二人が勇気をもって話してくれた自らの性の話。
ヤフコメの反応も「勇気づけられた人はたくさんいると思う」「性をタブーにしても問題解決にならない」など、あたたかったです。
「障害者も恋愛もセックスもできるし、家庭を持って子作りもできる。今の状況に絶望をせずに、未来を夢見ていいんだって知って欲しいですね」

写真がかっこいい
車イスグループ「BEYOND GIRLS」の梅津絵里さん(41)と中嶋涼子さん(32)に話を聞きにいきました。
以上

記事本文: 女性の障害者が語る「性の悩み」夜の生活「イマジネーションの世界」 - withnews(ウィズニュース)

関連記事