「死ぬカス」の同人誌「かすり傷多すぎて死にそう」が伝えたいこと - withnews(ウィズニュース)

19コメント 登録日時:2019-01-08 07:04 | withnews(ウィズニュース)キャッシュ

 ビジネス本やネット上で見かける「自分らしく働く」成功者たち。そんな生き方に憧れる一方で、彼らとはほど遠い自分に悲しくなった経験はないだろうか。そんな悩める若者に向けて、とある会社の新卒採用担当者らが作ったという同人誌を見つけた。その名も「かすり傷多すぎて死にそう」。ん?どこかで聞いたことがあるよう...

Twitterのコメント(19)

フリーペーパーについて探してたら見つけた記事です。胸に染みます…。
こっち側の話はリアリティがあってグッとくる
マジレスすると、「死ぬこと以外かすり傷」とはいうけど、著者にとってはかすり傷でも重症を負う人はいると思うので…「かすり傷多すぎて死にそう」というタイトルと内容にはすごく好感が持てる… / “「死ぬカス」の同人誌「かすり傷多すぎて…”
これ、すごくいい。
かすり傷多すぎて死にそうでも、自分の人生を生きてほしい。生きたらいいのだ。
と思ったら、先に書いてた人いたし、中身結構ヘビーじゃん…。
ネタにしてすまない…。と言う気持ちで一杯です()
本家の箕輪さんの本も読んだけれど、こちらも読んでみたい。
市井の人々っていう副題も素敵!
こーきちさんから「写真使わせてもらいましたんで」とメール。

おいおいどんな記事かよと思ったら、いいライターさんに書いてもらったね、良かったねこーきちくん
出てる人、全員お会いしたことある人で、見た瞬間に若干吹き出してしまった。けど、良い内容の記事。
田汲さんは入社日が同じ。年齢も同じ。この人には勝てないと思う人の一人。僕の知らない田汲さんのエピソードが書かれていて、グッときました。

あ、稲田さんはもっと頑張れ。
朝日新聞運営のネットニュースに僕の事が載りました。悪い事した訳じゃないですよ(笑)。それでは、どーぞ!
死ぬカスって略称すごいですね。自分は取材してもらった側で関わりました!同人なのになんかウィズニュースに載っててすごーい!
稲田ズイキさんが参画してた。すごくいい…!
死にそうなんて書いてあるから、どんな深刻な内容なんやろうと思って読んだら違った。
間違いなく深刻ではあるけど、当の本人が、前向きに生きてる。
過去の捉え方次第で、今を生きやすくできる。
これ欲しい
“今から「成功者」になれるかと問われれば、自信はない。十分な努力をしているかも微妙だ。だけど、挑戦することは本当に楽しい。” / サイタマノラッパーだこれ!めっちゃ読みたい。
www

「今、若者はチャンスだ」
なんてことをなにかの本で読んだ
「わけの分からない変化が今まさに起こり始めている」って誰かが言ってた気がする。
本当にそうだろうか。
ー 出典:「かすり傷多すぎて死にそう」から抜粋
以上

記事本文: 「死ぬカス」の同人誌「かすり傷多すぎて死にそう」が伝えたいこと - withnews(ウィズニュース)

関連記事