有名AV女優が引退後「本番全面禁止」を訴える理由「業界の怠慢です」 - withnews(ウィズニュース)

15コメント 登録日時:2018-12-28 08:30 | withnews(ウィズニュース)キャッシュ

 元有名女優で世界初となるDVDでのアダルトビデオ(AV)作品に出演した小室友里さん(43)は、古巣のAV業界に危機感を抱いています。強要問題の裁判を傍聴したほか、11月に開かれた第三者委員会の報告会にも足を運びました。業界への提言として「おんぶに抱っこになっている本番行為の全面禁止」を掲げる彼女に...

Twitterのコメント(15)

ほう、広河隆一と関係が深かったHRNか。セクハラ守れるのか? 大丈夫? 2016年夏のことだ。同年3月、国際人権NGO「ヒューマンライツ・ナウ」が報告書を出し、AV強要問題に関心が高まっていた
彼女、ホントに古巣のAV業界の事を考えているんだなと思った
本番禁止でいいんじゃない?そっちの方がセックスに対する価値が上がって日本人男性はもっと頑張るようになるよ。まあ、その前に洋物に流れるだけだろうけど。
このニュースにはポルノの問題の本質と共に、「マンコパワー」というものの強さを再考させられた。
小室さんとほぼ同意見。
記事的にも採り上げられているトピックは適切。
焦点は絞られてきている。

構造的に見て今の状態は小康状態に過ぎない。特にスカウト問題。
AVの本番禁止は女性に貞操観念を押し付ける根深い信仰心から来るていると思う、「大切なものをあげる」だとか「PTAでばれて子供が辛い思いをしないだろうか」とかもそう。性に奔放な女性が居てもいいしそういう価値観も受け入れられるべきでは?
本番はあと引くと思う、AV出演がきっかけでテレビ出演するようになって人気が出た女性。本番ビデオ出演を否定してたけど、私のまわりの男性は「俺は彼女の本番ビデオ持ってる!」と言ってた。みんな知ってるのに嘘つくプレッシャーも大変だと思う。
プロダクションのとるAVで本番行為が禁止になったら、今度は同人AVがさらに過激化して、後年また強要問題とかで注目される、そういう流れがみえる。
それなりに歴史のある業界なら、監督も演出もプロフェッショナルであって欲しい。なあなあや強要や先延ばしは良くない/
性のこと、男尊女卑社会のこと、人権のこと、色々考えさせられます。
見て見ぬ振り、他人の不幸は蜜の味、という雰囲気に抗いたいと思います。
本当に何でもかんでも、女優(女性)のせいにし過ぎじゃない?
本番やらなくても興奮するAVを作れよって話。
あと、女優を辞めてからの人生を邪魔するようなことをするな。
男尊女卑、女性の人権が守られてないという点では性産業が一番ひどいと思う。
そうなかなぁ
「本番禁止は『AVの教科書化』問題の解決にも役立ちます。本来はフィクションであるはずのAVを信じ、AVみたいなセックスをし、男性が女性に乱暴な行為を傷つけている。疑似だと分かれば、まねないでしょう」
念のため。この第三者機関の報告で前に立って司会をやっているのは審査センターの方で、
2010年以前から表現規制反対に取り組んでこられた元SODのロビイストです。
は? 本番行為をしたくなければAV女優にならなければいいだけw あと強要裁判というのはミスリード。職業安定法違反とは直接関係ないだろw→
小室友里さんが登場。記事を驚きつつ頼もしく拝読。
今後どんな展開になるのでしょう?
期待します。
以上

記事本文: 有名AV女優が引退後「本番全面禁止」を訴える理由「業界の怠慢です」 - withnews(ウィズニュース)

関連記事