千葉台風関連の記事一覧

TOP > ネタ・話題 > 「クイーン」ブーム、手放しで喜べない理由 公開5週目の異常事態 - withnews(ウィズニュース)

「クイーン」ブーム、手放しで喜べない理由 公開5週目の異常事態 - withnews(ウィズニュース)

147コメント 登録日時:2018-12-16 08:15 | withnews(ウィズニュース)キャッシュ

 「Queen」(クイーン)を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」の人気が止まりません。公開2週目に起きた「異変」は配給会社が「異常な数字」と驚く現象にまで広がっています。「ロックオヤジ」だけでなく20代の若者にも「自分語り」や「感動の共有」をさせる魅力。いつのまにか「家族で見る映画」になった裏側に...

Twitterのコメント(147)

「クイーン」ブーム、 - withnews(ウィズニュース)この映画は、クイーンの生き様だけでなく、フレディが抱えていた移民、LGBT、容姿、宗教といったことへの偏見などについても、描かれています...
“ここまでのヒットとなっても『勝ち組』的な響きがないところにクイーンらしさがある”
俺にとっては数ある映画の内の一本。
2018年で言えば、「かぞくへ」、「見栄を張る」、「菊とギロチン」、「止められるか、俺たちを」、「さくらになる」、「名前」…ほどは刺さらなかった。
まあ、人それぞれってことね。
とりあえず今日は空いてました。空席半分以上
12月の記事
手放しで喜べない?
孤独な人が多くなった現代だからのヒットという意味で?
いや 喜ばしいでしょ エンターテイメントとして大成功なわけですし。
何だか説得力のある、映画を見た若い世代の感想だなぁ……。
よし。2回目は、特に音にこだわっている映画館で観てみよう。どんな違いがあるのか体験してみたい。ワクワク。
クイーン😲ブーム異常事態
本当に70億いきそうだよな…
日本企業なら大ヒットで大喜びだが、ハリウッドスタジオの本社の考え方は違う。「マーケターならなぜ想定出来なかったか?」だ。その能力が問われてしまう。そして次回作以降「想定以上にヒットしたよな?」 とプレッシャーがかかる。これから大変だぞ。
シネマシティが全国4位!!
嬉しいねー
これは自慢出来るわ
せっかくなら音響にこだわった映画館で見たいですね。
「手放しで喜べない理由」がなんなのかわかりづらかったけど、孤独な現代社会とか多様性云々のことを言ってるのかしら
12月3日までの映画館別の累積観客動員数で、日比谷、新宿、六本木のシネコンに続いて全国4位に入ったのが、立川の「シネマシティ」です。
エンゲージのキーは「寂しさ」を埋めることという持論があるのですが、表面化してきたんかな。
どう楽しもうが見る人の勝手だろ?
あっぶね~
今週末観に行く予定なんだけど、普通だったらもう打ち切りの時期なんだね
「普通の映画だと、11月上旬に公開された映画は、冬休み前に終わってしまいます。5週目ともなると、普通はどこでも上映をやっていないという感じです」
最後まで読んでもなぜ手放しで喜べないのかよく分からなかった(⌒-⌒; )
やっぱりもう一回ぐらい見に行っておこう。時間が経つともう一回確認しておきたいことがフツフツとわいてきた。
記事の内容と見出しが若干ずれてる気もするけど。良い記事ですよ。
ミハマセブンプレックスの
凄音も紹介されてらっしゃる。
こりゃ、年末年始まで上映しそうだな。
---
「ロックオヤジ」だけでなく20代の若者にも「自分語り」や「感動の共有」をさせる魅力。
ライドエイドのライブは半端なかった!
拍手しそうになったわ👍‼️
「手放しで喜べない理由」が書いてない、ていう文脈で回ってきたんだけど、そんなことより注目は"立川が動員数で全国四位"ですよ!さすが爆音のメッカ&1日11回上映…バーフバリ以来の狂気を感じる(褒め言葉 / “「クイーン」ブーム、手…”
「公開から2週間で稼ぐ」常識を覆す
「最終的な興行収入の8割は、公開から2週間で稼ぐ」と言われる映画業界。「公開1週目の土日の興行収入の5倍が最終の興行収入になる」とも言われています。
伝説のバンドがいつかは神話のバンドになるのかなぁ
立川の極音の映画館に2回目を見に行きたい!
引用"今、みんなが『自分が何者か分からないと感じている時代』だからこそ、多くの人に響いたのではないでしょうか」"
Queenファンとして公開中に絶対観る。
この記事タイトル「手放しで喜べない」部分は「孤独感」について?でも本文では「そういう時代だよね」じゃん。記事はもうちょっと喜べない体裁にしないとこれじゃ煽り記事。猛省希望。
そんな難しいかなぁ
誘われるまま行って(今となっちゃ明確に描かれたのに)冒頭ウェンブリーと気づかず、そっから過去へ、そしてウェンブリーに戻ってあぁそういうコトねと気づいたり、こりゃ英国王のスピーチみてーだなと思った人ですけどね
あとで読む、と。
はよ見たい!年内は無理っぽいので正月にも♡
応援上映やったら必ず行く!->
なんだこの記事。孤独な現代社会ってなんだ?○○な現代社会ってよく定義するけど、広義で書けば何でも何とでも言えるぞ。読む価値のない記事とはこういう記事をいうな。
『 公開5週目の異常事態』 ボヘミアン・ラプソディー観た。クイーンの曲聴いたことない、ブレディ誰それ?って人が観てもダメだと言うことがよく分かった。ライヴエイドの熱狂は良く伝わったけど。
大ヒットした社会的背景が喜べないってことね。
「異常」って何?
不快感しか感じない
同社番組担当の椿原敦一郎さんは「音響設備に力を入れ、これまでいろいろやってきました。そういう下地が十分できていたところに、作品力のある『ボヘミアン・ラプソディ』が飛び込んできたことが、背景にあると思います」と話します。
タイトルのネガティブな要素がどこにもない。快進撃の話題だけ。親世代には過去の郷愁、若者世代にはマイノリティの孤独。 /
異常なの、すごくわかる
公開5週目の異常事態。リアル世代はそうなるわね。ついつい「昔話」とかさ。誰も聞いてくれないから、SNSでみたいな。こういう作品みたら「青春時代」とかの事を思い出すしね。若い子にはうざいでしょうがな(笑)
立川全国4位なの!?ぱ、ぱねぇ。さすがやでぇ。
12月3日までの映画館別の累積観客動員数で、日比谷、新宿、六本木のシネコンに続いて全国4位に入ったのが、立川の「シネマシティ」です。映画ファンの間では「極上音響」(極音)での上映をすることで知られています
この記事のどこが「手放しで喜べない理由」を語っているのだろう?
「孤独」も含めて前向きな話題ばかりじゃないか。
「「最終的な興行収入の8割は、公開から2週間で稼ぐ」と言われる映画業界。「公開1週目の土日の興行収入の5倍が最終の興行収入になる」とも言われています。」昔は土日の10倍だったけど、今は5倍だね。
DVDで見ればいいかと思っていた(日本にいないので)けど、この記事読んだら映画館で見たい気分になってしまった。どうしよう。
記事タイトルと中身不一致→
普通のパターンだと冬休み前に劇場公開が終わる模様
「俺はアリーナの最後列の人たち、入場できなかった人たち、シャイな人たちのために、常に歌ってつながっているんだ。批評家やいじめっ子たちを飛び越えられることを見せるんだ。」記事タイトルとはなんだったのか。 / “「クイーン」ブーム、…”
立川シネマシティの動員数は全国4位!
「同じ映画を普通はそんなに見ません」
観るよ??
これは読み応えのある記事だ! 漸く世間一般も、映画館の良さに気付いてきたのかな⁈ とも思うし、動員の上位は東京に集中しているのか、などなど目から鱗。
この時間になって、ようやく観に来た…。
みんな孤独を抱えて生きているんだなー。
なんかごめん… > “星野さんは「同じ映画を普通はそんなに見ません」と言います。” /
たくさんの人々の孤立感と乾いたストレスが爆発的に逃げ場を求めてうごめいているようだ。悲しい社会の日本。困ったな。いやな現象だ。 >>>
ん、どこにも「手放しで喜べない理由」が書いてないぞ。あるのは薄い分析のみ。//
これ読んでるだけでも軽い鳥肌が立つな。 やっぱこれは観に行こう
必ずこういう結びつけをしようとする。
なんだかんだQueenの曲は曲名知らなくてもメロディーで知ってる人が多いからですよ。カバーも随分されてるし。的外れな解説ご苦労。
小難しい事はよくわからんが、早いとこ立川の音響が凄い映画館で2回目が観たい(笑)/
少し脇に逸れるけど、立川シネマシティ頑張れ!マジで応援してる。今度 石川県から見に行くから! /
興行収入の目標を、「必達20億円、目標40億円」から、この時期に「目標70億円」に上方修正した…。★
手放しで喜べないってのは現代社会の闇がやばいってこと?
この映画はほんとにどうしてこうなったのか分析したくなる
ファンの自分も公開初日に観てどうツイートしていいかわからんくらいライブが短くてフレディの迷走が長い映画だからファンじゃない人は観ないと思ったし
友人はもう7回劇場で観て、まだまだ観に行くつもりと言ってた。自分は明日初めて観に行く予定。 /
ここまでちゃんと取材したのにまとめサイトみたいプロの記事も珍しい。 /
最後まで読んでも特に憂慮することはなくて、手放しで喜べよと思った /
自分が何者かわからない、カタルシスがどう、孤独な時代だからこそ…とか社会的背景がみたいに書いてある。
が、しかしいつの時代もそんなものではないだろうか?
この映画をみたことで「自...
興行収入を毎週塗り替えているのがすごいなあ。『 - withnews(ウィズニュース)』
美浜の事も書かれてる
映画が流行る背景、多分に"時代"もあるってことか。
ただムーヴメントを引き起こしてる…って傍観するんじゃなくて、その原因を分析するって、大切だよなぁ。
何が言いたいのかわからないタイトルだな。口コミで伸びた映画、他にもあるでしょバーフバリとか。
手放しで喜べない理由が全く分からないまま読み終わった。 /
キンプリとかもそうだっただろ “「公開から2週間で稼ぐ」常識を覆す” /
大人の事情って、やつかな…😅
クィーンは嫌いではないし何も知らないので興味はある。ただなぜかグッと来ない…なぜかはわからん。観に行くべきなのか?プライムビデオで十分な気もする。
面白そうな記事、あとで読む用
この見出し、ちょっと誤解を招くね(苦笑)本文読めばどういう意味かは分かるけど...
それはそれとして、立川シネマシティが全国動員4位か! これは快挙だな/
さん、全国で4位!
やっぱり は強いですねぇ♪(*^^*)
自分語りわかる
理由書いてない
興行の読み方とか(公開1週目の土日の興行収入の5倍が最終の興行収入)初めて知りました。
@tamap_tokyo シネマシティは動員数で全国4位と、今日のニュースに出ていました!
読んでみたら、いい内容でした。見出しがヘン→
次週はアリーとシュガーラッシュが公開だから箱割り大変そう。
記事後半なかなか面白かった

-
孤独感を共感した、とは思わなかったけどな。

それにしても観客の80%くらいは40代、50代以上だったな。
あまり余計な解説を付けなくてもいいのでは?みんなクイーンの音楽やフレディの生き様に感動しただけだと思うけど。
見てる:
『ボヘミアンラプソディ』を。’63年生れの55歳だがクイーンは分かり易い詞と曲でリアルタイムでは歌謡曲的認識だった。この映画も数回のカミングアウトがあまり生かされて無い感じ。佳作かなぁ。当時のわたしはオーケストラル・マヌーヴァー・イン・ザ・ダーク系。/
“喜べない”なんてちょっと誤解を生む表現では。さらっと読んだけどそんな理由書いてあったかな?
立川のシネマシティが映画館別の累積観客動員数で、日比谷、新宿、六本木のシネコンに続いて全国4位。
音響の実力が映画ファンに認められた結果だと思う。
早く塚口サンサン劇場でも特別音響上映を!
理由とやらを聞こうか… /
件名に結び付く文章が結びの部分だけで、朝日記者らしい『こっち(の話題)に持っていきたい』感出てる /
「俺はアリーナの最後列の人たち、入場できなかった人たち、シャイな人たちのために、常に歌ってつながっているんだ。批評家やいじめっ子たちを飛び越えられることを見せるんだ。俺にそれが出来れば、誰にだってやりたいことは出来るはず」
分析と言うか位置付けをしたがるんだよね、この人たちは。
見出しはおかしいが、内容は的確です。>>
今、みんなが『自分が何者か分からないと感じている時代』

これ誤認だよ。そんな事ないよ。
北海道の田舎でも昨日の午後の時間でかなりの人数❗この私もクィーンを知らずに観て感動し昨日で3回目❗
・ラプソディ
ボヘミアンラプソディ、気になってきたなあ…。だがファンタビ2回目も早く行きたい。
タイトルに違和感あるけど良記事ではないでしょうか。
当時のクィーンファンだけでなく、若者にウケているのが社会現象なんでしょうね。若者はこういうモノを求めている⁇
立川すごいやん!
立川が動員数で全国4位 って凄いな
ちょっと興味深い記事だったのでメモ代わりに(´・ω・`)
シネマシティ動員数全国4位!!おめでとうございます!
記事とは無関係だけど、他の映画がかからないの確かに残念な時もあるけど、やってるとこまで観に行けばいいだけだと思ってる。
“岩崎 賢一 朝日新聞記者”見出しは煽り気味、それより映画会社の人も2018年にQueenの映画がこんなに当たるとは思わなかったというのは本当だろうな。去年公開されたビートルズの映画はブームにならなかったし / “「クイーン」ブ…”
見出しはネガティブに見えるが、現代社会の様々な「孤独」が浮かび上がってきたということを評価しています。
「勝ち組」とか「負け組」とか別にどうでもいいことじゃないか。素直に喜べばいいのに…。

“「ヒット」「第3次クイーンブーム」と言われていますが、そこに「勝ち組」的な響きがないのがクイーンらしいのかもしれません…” –
いい記事なんだけど、長い。
手放しで喜べない理由ってなんだ?と思って開いたらどこにもその記載(説明)がない。だめでしょ。⇒
結局手放しで喜べない理由ってなんなん?
『「自分が何者か分からない時代」だから響く』っていいコピーだな。この時代のセクシュアリティに関する考え方は一層シビアだったんだろうなと思う。
良記事。もう一回観に行きたくなるね。
今から5回目観て来ます!>>
映画自体は手放しで喜んでないかこれw(取り巻く社会は別として) /
私も7年前にハリーポッターを観て以来の映画館でした。
.
シネマシティ殿はさすがやなぁ
うちの職場でもショーマンの時よ劇場のお話多い気がする
普通にいい記事として読めたんだけど、内容とは別の部分で引っかかることがひとつ。

何度読んでもどこにも「手放しで喜べない」にかかる言説がない気がするんだけど。どういうことなのかな?
タイトルと記事の内容が合っていないよ!
/星野さんは「同じ映画を普通はそんなに見ません」と言います。w
上映しているうちに2回目見に行くぜ!
映画を普通はそんなに観ません。「勝ち組」でないところがクイーンらしい、と。
カタルシス
ああ、まさに、、。
音楽だけじゃなく、
フレディの孤独感が沁みてくる
-
岩崎 賢一 朝日新聞記者
withnews(ウィズニュース)

沢山の人達にクイーンの音楽や映像が知られて、私は手放しで嬉しい😊🎉💕
Queenは知らなくても、CMで使われていた楽曲は皆知ってると思うの。そういう層も取り込んでいるのかと思う。楽曲強いバンドは強いと思う。
快進撃を続ける『ボヘミアン・ラプソディ』、映画館別の動員ではTOHOシネマズ日比谷、新宿、六本木に続くのが立川シネマシティとなっている模様です。上映期間が長くなれば順位を更に上げそうな気がします。
お正月映画への繋ぎであるはずの11月上旬公開作品に起きた異常事態について、興収の推移やヒットの背景について詳細な考察記事。立川シネマシティに言及してるのが個人的に嬉しい。
あれ?”手放しで喜べない理由”ってどこに書いてある??//
よく取材してあるけど「喜べない理由」がわからない。一種の釣りタイトル?
ボヘミアンラプソディのヒットにどんなマイナス面が?と読んでみたら、その背景を多面的に探る良い記事でした。
「ライトユーザーが映画を見に来るようになりました。『君の名は』『アナ雪』に近いと思います」
一番腹落ちした解説、論評だと思った。現代人が抱える孤独感に響く映画だったんだ。
、様々な記事が出ていますが、この記者さんの一連の記事、公開のかなり前から丹念に取材をされていることが伺えます。必読です。
公開5週目の「異常事態」 SNSで「自分語り」が始まった
観客動員数で、日比谷、新宿、六本木のシネコンに続いて全国4位に入ったのが、立川の「シネマシティ」。映画ファンの間では「極上音響」(極音)での上映をすることで知られている。|
立川シネマシティは累積観客動員数で全国4位。スゴい!/
良い記事!!
ここでもキーワードは「孤独」。それだけ世の中孤独な人だらけってことなのかな。

-
シネマシティのボヘミアンラプソディ、累積動員数が全国4位だそうです。
以上

記事本文: 「クイーン」ブーム、手放しで喜べない理由 公開5週目の異常事態 - withnews(ウィズニュース)

関連記事