TOP > ネタ・話題 > ブラック企業の犯人は「終身雇用」だった? 働き方の「平成30年史」 - withnews(ウィズニュース)

ブラック企業の犯人は「終身雇用」だった? 働き方の「平成30年史」 - withnews(ウィズニュース)

13コメント 登録日時:2018-02-02 10:36 | withnews(ウィズニュース)キャッシュ

この30年で日本の雇用は大きく変わりました。非正社員が4割弱に増え、長時間労働が問題になり、各企業で働き方改革が進んでいます。リクルートグループで20年間以上雇用の現場を見てきた、雇用ジャーナリストの海老原嗣生さんは、背景に働く方も働かせる方も「便利な仕組み」と機能してきた雇用制度があると指摘します...

Twitterのコメント(13)

んー,非正規化の進行について「周辺部」という言い方も気になるし,この説明ではストンと落ちきらないな。。/
ここで直接的に抜けているのは、ジョブ型だと給料はほぼ上がらないこと。>
なかなかこのあたりのことから進まないなあって感じがしてしまう。
良くも悪くも社内が学校だったのか。
みんなが役職持ちになりたくさん給与をもらえていた時代の終身雇用の働き方を通して減私奉公の働き方が常識になったところを狙い、生まれた現代の悪意
指摘は的を得ているが、この先どうするかの提言に踏み込んで欲しかった。逃げてる感があるのが残念。
現状認識の一つとして。終身雇用のせいというか、待遇が悪くなっているのに日本人の意識だけ昔のままであることを利用するのがブラック企業である、という話のように思う。
傑作。主張も流れも最高ですが、魔王自身も勇者にいろいろあって負けたおかげで開眼したのだろうことを想像させてくれるところがよい。

ブラック企業、『魔王』が社長になったら… 実体験をベースに漫画化 -
終身雇用ではないことを示すものとして、定年を迎えた高齢労働者を退職させ、同じ職場に居続けさせないことが必要不可欠。 / (withne...
滅私奉公プラス賃下げで果てしなく泥沼化したことは記録しておきたい
掲載されてる漫画が笑える
ブラック企業、『魔王』が社長になったら… 実体験をベースに漫画化 -
以上

記事本文: ブラック企業の犯人は「終身雇用」だった? 働き方の「平成30年史」 - withnews(ウィズニュース)

関連記事