TOP > ネタ・話題 > 本物ヤクザはドラマと違う? 命狙われない? 専門記者がこたえます - withnews(ウィズニュース)

本物ヤクザはドラマと違う? 命狙われない? 専門記者がこたえます - withnews(ウィズニュース)

 ヤクザって、誰もがその存在を知っているのに、実態はよくわからない人々ですよね。ドラマのヤクザと本物ってどう違うの? 怖いけど、気になる。本人たちには聞けないので、ヤクザに詳しい専門記者に聞いちゃいま...

ツイッターのコメント(49)

暴力団を恐れてる人の気持ちが、まったく理解 出来ない。

第1空挺団、特殊作戦群、陸将の方が

100倍恐ろしいだろう💦

本物ヤクザは映画、ドラマと違う? 
命を狙われない?
朝日新聞の記者が見た暴力団
参考になれば。
まあ、ヤクザはグレーなことなら何でもやるから。"よくドラマのたぐいでドラム缶にコンクリ詰めにして、とか見たことあると思いますが、まさか本当にね(笑)。" / “ - withnews(ウィズニュース)”
あとでめえ通しとくか
おもしろくて一気に読んでしまった
そうなんだー
大変興味深かった2016年の記事。
@yukincoro_1084 このイメージでこねよう「で、ある港に来いと。行ってみたら、4~5人いましたかね。カラのドラム缶が置いてあって、その横でコンクリートをこねこね練っている人がいるんですよね。」
このシリーズ、めっちゃおもしろいw コンクリートこねこねとかヤバイwww
ヤフーのトップにも乗った記事です
僕が出てきます
原田記者の記事。これ、先週ずっと目の前でライン風の記事にする作業をやっておられ、私は最後まで見届けられずに帰宅しましたが、こうなっていたのね。
駅前のディスコ好きのお巡りさんも、公安に配属されて中年になったら、えらく人相が悪くなってたよ。>>>
- withnews 面白いシリーズを始まってた。この方面においては鈴木智彦さん @yonakiishi だの西岡研介さん @biriksk に喋らせた方が断然面白そうだが、朝日がやることに意義がある、かなと。
警察だけじゃなくて記者も強面なのか(絶望)
緒方記者の写真の宣材っぽさ…(笑)→
ウィズニュース面白い。この間のガングロギャルに新聞売り上げ増やす方法考えさせるやつとかもなかなかだった>
面白すぎます。「 専門記者がこたえます」
あとで読む
この記者が、任侠映画の俳優みたいだなあと
いつもヤクザと勘違いされ良い席に案内される教員が指摘します
紙の新聞になじみのない人たちにいろんな情報をお届けする試みに、場違いのおっさんがおずおずと参加してみました
命狙われない?専門記者がこたえます 「親が「親分のところで鍛え直してください」と頼みこんでくるケースもあるそうです」戸塚ヨットスクールのドキュメンタリーでも同じような親が出てきたな。。。
続きが気になる⇨
「カラのドラム缶が置いてあって、その横でコンクリートをこねこね練っている人が」。withnews(ウィズニュース):
コンクリートこねこねはアツい
「ブンヤ」ってかんじだ /
サムネイルの人はヤクザではありません。朝日新聞記者です。
専門記者・緒方さんの印象と言えば、私がまだ新入社員だったころ。当時は警視庁担当のキャップで、新人研修の講師としてやってきた緒方さん。なぜか竹刀を持っていた…/
朝日の説明会行ったら人事部長が「アサ芸から転職した記者もいる」って言ってたよ。/
細かくて申し訳ないんですけど、ツッコミ!笑

コンクリートとは、モルタルに粗骨材(石)の入ったものなので、コンクリートはコネコネ出来ないですよ( ̄▽ ̄)笑
もし、そんなツワモノがいたらぜひうちの研...
コ、コ、コンクリートをこねこね!!!すっごい怖い。そんな取材絶対したくない…。
これ面白いな / “ - withnews(ウィズニュース)”
【ご紹介します。
朝日新聞東京社会部の緒方健二記者(57)。
暴力団など組織犯罪と事件の専門記者です。】
何の気なしに読み始めたらめっちゃおもしろかった!!!
:  どうみても本職の顔やろw
マル暴担当の私服刑事は一見は組員と見分けがつかないよwww
めちゃくちゃ面白いんですけど!!(笑)
朝日新聞東京社会部の緒方健二記者(57) 朝日の記者でもこういう人は、オレ好きだなあ。続くんだって。次も読みたいね。
見た目ヤクザですが、記者さんです
「コンクリートこねこね」
記者さんが輪極道顔でウケます。
「ある日、私の携帯電話に知らない番号から電話がかかってきたんです。で、ある港に来いと。行ってみたら、4~5人いましたかね。カラのドラム缶が置いてあって、その横でコンクリートをこねこね練っている人がいるんですよね」...。
「網走番外地」も「昭和残俠伝 唐獅子牡丹」も知らない学生に「寂しいのう…」と嘆く暴力団専門記者。ウケる。
ヤクザが事件記者について、いや事件記者がヤクザについて語る。この日と、僕が池袋でサツ回りをやっていた時代の警視庁キャップでした。 →
リアルで面白い。結構学歴のあるヤクザもいるというのは納得。今やどの世界でも金なんですね。老舗の企業の方が義理と人情で成り立っているかもしれない。 /  専門記者...
専門記者がこたえます。顔のインパクト…→
専門家ほど実態を知らない。
「コンクリートこねこね」→
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR