TOP > IT・テクノロジー > イギリス政府業務のDX、日本は20年遅れている - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

イギリス政府業務のDX、日本は20年遅れている - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

13コメント 2020-12-19 13:28  WirelessWire News

イギリスは、政府業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)という点では、私のざっくりとした感覚では日本の20年先を行っています。イギリスの2000年ぐらいが今の日本の感じでしょうか。 日本では、イ...

ツイッターのコメント(13)

News

イギリス。政府の事務に関してですが、その多くがデジタル前提で、アナログでの処理が徹底的に廃止されています。対納税者の事務作業だと、対面業務や紙がほぼ完全に近い状態で存在しません。
へー、いいなあ。
>イギリスは、政府業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)という点では、私のざっくりとした感覚では日本の20年先を行っています。イギリスの2000年ぐらいが今の日本の感じでしょうか。

-
デジタル化をぶち上げる菅政権、イギリスの制度は参考になるかも。もっともハンコ議連とかが力を持ってるようではまだまだ、という気もしますけど。
日本も公的手続きがウェブでできるようにはなってきたけど、使いづらいし、IDの更新は役所来てくれ、とかだからな。アフターコロナで進んでくれると嬉しいが。
これは行政に限らず陥りやすいプロダクト開発の罠。個別の改善を続けると最も大きなベネフィットを見失う

「既存の業務のどの部分のデジタル化をするか」ではなく「最初から対面業務が存在しないのを前提」でサービスのプロセス設計をしているのです。
雇用の受け皿って役割ではないんやな。。
窓口ないのいいな…
大日本帝国も早くきうなってほしいわ
あと100年ぐらいすればデジタル化するかな()
日本の行政サービスは非効率の塊だからねぇ。日本もこうなって欲しいものだがシルバーデモクラシー社会なので「高齢者がついて行けない」の一言で頓挫するのがオチだよな|
日本もこうしていくなら、公務員減らせるのでは。そして、文系の収容先がますます減っていくのです。
事例として。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR