TOP > IT・テクノロジー > AI時代のOODAループと戦略 - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

AI時代のOODAループと戦略 - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

WirelessWire Newsは、IoTを切り口にこれからの社会を読み解く専門誌です。編集部による「ニュース」と専門性を持つプロフェッショナルによる「コラム」で、IoT時代の通信と社会のあり方を探り、進むべき方向を提言します。...

ツイッターのコメント(38)

最近、仕事上で最も意識をしているのは兵站(ロジスティック)。
>想像力は習慣であり、身につけている人にとっては何の苦労もないが、全く想像力を働かせる習慣のない人はなにかを想像することそのものが苦痛であり難しい。
たしかに最も尊敬していたボスも、常に「虚を突く発想」をしていた。

"主攻と助攻の組み合わせで虚をついて勝つ。つまり、人類が有史以来ずっと行なってきた競争の本質とは、想像力の競争であると解釈できる。キングダムでも、どんな名将も必ず相手の虚をついて勝っている"
OODAループにおいてはアジリティこそが組織の強さの源、更に戦略の中心にOODAループがあるならば、最もアジリティが高いユニットがAI
歴史に学べることが多い。戦略の勉強大事
支援先ギリア代表の清水さんによる記事。人間の想像力/戦略構築をサポートするようなAIの時代へ。
〇〇戦略を語る人間は全員読んでおいたいい。大事だからもっかい言うけど、全員読んでおいたほうがいい。
こちら面白かった。3回ぐらい読み返したい。
決して負けない戦略とは、単一の作戦ではなく複数の作戦によって成立する。
AI時代の戦略論。面白い。。
・戦略/作戦/戦術/兵站
・OODAループにおいては敏捷性こそが組織の強さの源
・敏捷性を高めるために兵站は集中されるべき
・作戦は競争相手の虚をつくことで勝利
・想像力で相手を勝ることこそ最も重要
・AIは明らかに人間の想像力を拡張する
記事がAI版にアプデされた。また見られて嬉しい。
あとでゆっくり読む。
体系に系統的な整理されてやっと読める感じ。不得意過ぎる。これも何度か読み直さないと😇
この記事とても面白かった。
特に後半の想像力について

仕事できる人は想像力が豊か。
つまり想像力豊かな学生は採用したい。

しかしこの想像力はヒラメキみたいな何かの特殊能力みたいに思われているが、そうじゃないことを僕の考えで以下投稿していきます。
〝AIがDXの中心になる時代に、新しい戦略論について考えてみたい〟
今後何度も読み直すであろう記事👀
清水亮さんによる、「AI時代の戦略(Strategy), 作戦(Operation), 戦術(Tactics)」。

何度か読み返し、咀嚼していきたい。
AIのためのロジスティクスが必要と。
これほんと大事ですよね
点で見るのではなく線で見ようとすると、何本もの線が無限に広がっていきそう🥳
戦略、作戦、戦術、兵站の解説エントリーのアップデート版。以前の内容は何度も読み返してたのでアップデート助かります。
>想像力は習慣であり、身につけている人にとっては何の苦労もないが、全く想像力を働かせる習慣のない人はなにかを想像することそのものが苦痛であり難しい。
面白い。"常に想像力で相手を上回る人々が勝利した。" /
伝説のあの記事のアップデート版が!!!
>>The only limit is your imagination。企業が存続する限り、その戦略は勝ち続けていると解釈できる。
"AIによって想像力が高まることは、そのまま戦略の幅が広がることを意味する。"
ソリューション営業を誰でも誰にでも提供できる未来考えたらかなりワクワクするな
わかりにくいことを、例を用いてわかりやすく説明するという、非常に素晴らしい文章です。
まさしく!

《戦略の中心にOODAループがあるとすると、最も敏捷性が高いユニットは明らかにAIである。》
「戦略、作戦、戦術、兵站」の元記事、何度となく読んだなあ。AIがここに介入してくるようになる、と。
お、一時期さがして消えてた記事に近い話。これはありがたし。
戦略とはインスピレーションによって生まれるものであり、基本的には作戦は競争相手の虚をつくことで勝利する。主攻と助攻の組み合わせで虚をついて勝。つまり、人類が有史以来ずっと行なってきた競争の本質とは、想像力の競争であると解釈できる。
負けない戦略には複数の作戦が求められる。なぜなら、戦略が失敗すれば企業は滅亡するからだ。ある作戦がコケても倒れないように、作戦の複線化が必要となる。
(清水亮,ギリア)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR