TOP > IT・テクノロジー > 「パンデミックをつくったのは誰か」 - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

「パンデミックをつくったのは誰か」 - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

13コメント 2020-04-14 13:12  WirelessWire News

未曾有のパンデミックに対していかに立ち向かうことができるのかに世界は完全に頭を悩ませている。この緊迫した事態は予断を許さず、パンデミックに一丸となって立ち向かう流れに逆らうような態度は許されない。そん...

ツイッターのコメント(13)

"問題を起こして人々の心を揺らがせ、そこに颯爽と救いの手を差し伸べる手法。それは詐欺師の手口から果ては悪
魔の取引まで…"

詐欺師と同じ手口!!

「パンデミックをつくったか」 -
「この危機的な事態を乗り越えて元の世界に戻るにはこの方法しかない」まさしく同じ事を、ビル・ゲイツが言ってた。ワクチンを打つしかないと。逆算して見えてくるのは、これは製薬業界やそこと癒着の深いWHOによる計画されたワクチンビジネスだということ。
新型コロナが何であろうと、
『私たちはこの状況に対して、空気に飲まれず、感情的に反応せず、冷静に真実を見つめながら、適切な対処をしていく勇気を持つ必要がある』。
─どの国でもコロナウイルスで死亡する人と比較して、通常のインフルエンザで多くの人が死亡している。だがなぜ今回の新型コロナに対してだけフォーカスしてWHOはパンデミック宣言を出したのだろうか─
ここ最近COVID-19が本当に存在してるのかどうかも疑いが出てますが、この記事は読んでみてもいいと思います。

よく考えてみることで、未来を作れる今が良いチャンスかもしれない。
コロナの第1波を経験して、今、冷静になって考えること。
これな。4月に書かれた記事なのか。早いな。
なかなか読ませる
先輩が勧めてくれた記事。正直に申し上げると何度か読み直したがこの記事だけでラストの筆者の考えを読み解くことができなかった。筆者の著書を読むとすっきりするのかも。
知恵ある者は獣の数字を数えてないで、是非こちらを読んでみてくださいな。
僕が府大で最も敬愛している花村先生が発信された、パンデミックに対する見解の論考です。

今のコロナ騒動に対する見方が大きく変わると思うので、ぜひ読んでみてください!
ネガティブの経済学04
Wireless wire Newsに今回の新型コロナ騒動についての論考をアップした。こんな時期にこんな内容をあげると炎上するかも知れないが、それも実験的に観察する。勘の良い人には届くはずだ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR