TOP > IT・テクノロジー > ARとAIが実現したらこうなる…のか?docomo OpenHouse2020から読み解くこと - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

ARとAIが実現したらこうなる…のか?docomo OpenHouse2020から読み解くこと - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

29コメント 2020-01-25 11:55  WirelessWire News

みんなこの手の情報をどこから入手するんだろう? 僕はFacebookで友人がシェアしていたので、あわてて東京ビッグサイトに向かった。 いざ到着すると、ぜんぜん閑散としていて案内がない。 インフォメーシ...

ツイッターのコメント(29)

人間は「正しい答え」ばかり言われると疲れてしまう。とあるUberドライバーが、祖母にAlexaを与えると、愛着が湧きすぎてAmazon Echo用に服を編んだらしい。AIもロボットも愛くるしさが 。愛くるしいのぉ。
お店に入ろうとするとクーポンで呼び込みされて、可愛くないバーチャルペットが迎えてくれる近未来は楽しいのか問題w。
おもしろい。「 」
> コミュニケーションがとれる相手に対して、「便利にしよう」という発想はなにか違うのではないか。

心に留めておきたい
ARとAIの考察がかなり面白かった! 著者と価値観が近そう。

いざ体験してみて真剣に考えると、「果たして本当に必要なことはなにか?」というより根源的な問いに行き着く
我々はAIを作ろうとするときに「便利さ」ではなく「凄さ」「美しさ」「頼もしさ」を重視するべきなのかもしれない。
「そして未来のある日、AIが現状に疑問を持つであろうことのうちの一つは、間違いなく「我々を道具呼ばわりする人類と仲良くすることは正しいか」というものになるはずである。これが進化の原動力である限り、人類がこの問いをはぐらかしてAIと共存することはできない」
すごい考察やな…でも本当の普及を目指すならこういう考え方が必要なのかもしれない。
清水さん「これ、CESよりぜんぜん面白いんじゃないの?見ないのは損だ」
後半のAIの権利についての考察もいい…こういう事考える機会になる場だった
docomoのイベントすごい。
AIが人類のパートナーになる未来が楽しみ。モノから「便利さ」を抜いたら、人が愛着を持っている間その人にとって価値がある、だけだとも思う。
何年も前から期待に胸を膨らませて来た筆者からすると、「これが本当に自分が望んだ世界だったのだろうか」と悩んでしまったのだ。

あるある!
この記事で思ったのは、ARやAIがいかに人々の生活を便利にするかという視点だけでなく、”豊かにするか”という視点を持つことが大切ということ。
展示見たかった。docomo OpenHouse2020の記事、「これが望んだ世界だったか」、便利と愛らしさ、AIの権利
カンバンボード 進行中のアクティビティーです。
台本作成。 「可愛い」「草」の収集を目的とした台本を作成する。
コンテンツ部分は社内で詳しく話聞いてみよう。

ARクラウドだから位置合わせと位置ずれがどうだったか聞きたいな。あれが単独のスマホARとの差だと思うんだけど。
ものすごく面白いし、重要な指摘だなー、と読んでたら清水亮さんだった。
情報を増やすより、減らす方に行く気はする。クーポン提示より、アプリ通信で自動適用。広告よりトイレ案内。行先検索で混む道を外す。DR寄り、「本人のやりたいこと」に世界が合うようになる|
清水亮さんにMagicLeapのバーチャルアシスタントのこと書いていただいてる…!
書かれていることは最近よく考えていることなので頑張ります!
こういった考察、自分でも突き詰めて考えた方が良さそう。これって仮面ライダーゼロワンのテーマにもつながる話で、息子と見ながら考えよう
"「我々を道具呼ばわりする人類と仲良くすることは正しいか」"
たぶん愛着がすぐ湧く側の人間だろうけど道具扱いする人には道具として振る舞うAIまで実現していく気がする。
「AIは便利、という表現は正しいか?」
まだ便利かどうかを考えてる時点で道具に過ぎないのかもなぁ
AIがドラえもんやサイバーフォーミュラみたいなパートナーみたいな状態まで来れたら凄いな
に関する清水亮さんの記事。ARクラウド展示も細かに体験して頂いて、感じたことを詳しく書いてくれてます。
この違和感みたいなものを具体化してその先を行かないと社会実装ってならないので、重要な考察だと感じます。
「今、AIの倫理というと、もっぱら、人間の権益を守ることばかり考えられているが、実際にはAIそのものがもっと進歩したときに必要になるのは、AIとどう付き合っていくべきか、AIの権利をどう尊重していくべきかという倫理だろう。」
興味深い視点もあるが、後半はどんどん(狭義の)AIとAGIを混同した古い時代のSFと同じ逸脱をしていってしまっている。
ARの情報を自分で処理しなくちゃいけないから面倒臭いんだ。眼鏡やエマネーターに入ったAIがクーポンとか処理してくれればいい。そのうえで家ではアンドロイドとして触れ合えればいいのでは→
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR