TOP > IT・テクノロジー > なぜ千葉県流山市は、資産価値の下がらない街づくりと子育て世代のブランディングに成功したのか?- 日本を変える 創生する未来「人」その7 - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

なぜ千葉県流山市は、資産価値の下がらない街づくりと子育て世代のブランディングに成功したのか?- 日本を変える 創生する未来「人」その7 - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

14コメント 2019-11-27 23:54  WirelessWire News

全国の自治体のなかでも、まさに今、千葉県流山市が特異な変化を遂げていることに気づいている読者は少ないかもしれない。同市は、よくある首都圏界隈のベッドタウンとは異なるユニークな施策とマーケティング戦略に...

ツイッターのコメント(14)

コロナ前からのトレンドはより強化される。都心の狭いマンションに価値はなくなる。

なぜ千葉県流山市は、資産価値の下がらない街づくりと子育て世代のブランディングに成功したのか?
子育世代も、子供も増加して、
そこら中に子供がいるのに

カードショップはおろか、
玩具屋もほとんど無いのは何故か…

何処か進出してくれんかな
少子高齢化と人口減を加速させていく実験が香川で始まったようです。
ちなみに千葉県流山市ではマーケティング課を設置するなどして少子高齢化を食い止め、子育て世代の人口増加に成功しています。
おれもそろそろ住んでる所は柏です、ではなく流山と言える時が来たか。流山市は住みやすいし綺麗だし子育てにはとてもオススメだし都心アクセスも良いけど税金が高い。

なぜ千葉県流山市は、資産価値の下がらない街づくりと子育て世代のブランディングに成功したのか?
井崎さん、スゲエよなあ。井崎さんは、僕の前職エンビズ総研の前任のカジノ担当研究員であり、同時に僕にラスベガス留学のキッカケを作った人

→なぜ千葉県流山市は資産価値の下がらない街づくりと子育て世代のブランディングに成功したのか?
千葉県流山市の「住み続けたい」街づくり
「グリーンチェーン」で緑を守り、景観条例や街づくり条例、建築物高さ制限や広告物条例などを策定し、環境価値が高く緑のあふれるまちづくりを推進した。
お隣の町、さらには首都圏全体のことを知らなければ、柏のことも考えられませんね。

News
流山のブランディングが紹介されている記事!

緑を積極的に植えて資産価値を上げるグリーンチェーン…知らなかったな🤔

News
これ、あとで読む!めもめも。
DEWksはじめてきいた
いいとこばっか書いてあるけど実際は地区によつて保育園も幼稚園も足りてないんだよなー
スキスキ流山ニャリーン🐱
流山がクローズアップ!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR