TOP > IT・テクノロジー > プログラミングの魅力とは「推理する楽しみ」である - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

プログラミングの魅力とは「推理する楽しみ」である - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

ツイッターのコメント(13)

俺も新たな謎を作り出すハッカーの側でいたい
TRUNKでプログラミングを始めて「推理する楽しみ」感じてみませんか?
「いろんな学問の中でもプログラミングが楽しいのは、推理ものだから」というのはまさにその通りだと感じた。
自分にとってデバッグ好きな理由を言語化してくれた記事!
「全ての人がプログラミングを楽しめる世の中になったほうがハッピーではないだろうか。」

同感です!
そのために微力ながら役に立てればと。

超同意。これがわかればデバッグも他人のコードを解読するのも苦ではなくなる。でもテストは嫌いw
モノやサービスをいろいろ作られている著者からすると、意外な気もしてエイプリルフールネタかとも思いましたが、激しく同意。自分だけ楽しむのは悪い気がして、少しだけプログラミング教育に携わってます。
「プログラミングというのは楽しいものである。あらゆる学問は楽しいものだが、プログラミングが格別に楽しいのは、実はプログラミングの大部分は、小説のジャンルで言えば「推理モノ」であるからだ」
僕はいつも「プログラミングはパズルゲーム」って言ってるけど大体同じ考え方だった
AI研究者の皆さんの熱も大概なのでAIが探究心持つのもそう遠くないとは思うけど、ソフトに携わる楽しさには共感する内容。
若者にもつまらない座学よりこういうの読んでもらって好奇心刺激するのがいいかも。
なるほど納得。
うん、まあ、でもろくに推理もできないやからが設計とかするから酷い目にあうのよ
謎が課題に置き換わった途端、すんごいタイクツするんだよねぇ
タイクツを切り拓くのもまた、結構な労力が必要だよねぇ……
中途半端をぶらぶらしてるだけでいいや(
/ これわかるなー。個人的には「パズルゲーム的だな」って感じてます。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR