TOP > IT・テクノロジー > 死屍累々の人工知能PoC 生死のカギを握るのは何か - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

死屍累々の人工知能PoC 生死のカギを握るのは何か - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

ツイッターのコメント(14)

IBM大丈夫か???
「データ作成というのは、IBMにいるような高給取りの仕事ではなく、地道な作業の積み重ねである。エリートにはできない 」
watsonみないなー / “ News(ワイヤレスワイヤーニュース)”
ふむ。/ News(ワイヤレスワイヤーニュース)
火の玉ストレートや☄️
Watson等のAIパッケージにほとんど価値はなく、中国やGoogleのように泥臭くデータを集められる企業のAIが強い、ということ?
清水亮さんが、「深層学習を使わない(使えない?)コンピュータ」の代表としてIBMのWatsonをあげている。 深層学習技術を正しく理解して使いこなすのはとても難しいらしい。「死屍累々」とは恐れ入った。
そうなのか。まあデータが最も重要だというのは僕でもわかるけど
「結局のところ、人間のたゆまぬ努力が、AIの性能を決定する最重要の要素なのだ。」
「 生死のカギを握るのは何か」
そうなんです、泥くさく集めまくったデータこそが大事なんです。
PoCの闇についての認識は大まかには正しい
Watsonへの私怨は置いといて、なかなかSoftware 2.0的なお話ですな。(;^ω^)
AIと名付ければそれで価値を生むと勘違いする無謀な経営者がその悲劇の原因。

一つづつ丁寧に体制を作って準備いくしかないですよね。
「深層学習を使わない人工知能技術の代表格であるWatsonを擁するIBMは、そろそろ苦しくなってきたようだ。すでに海外ではWatsonは役立たずであるという記事がいくつも出てる」
以上
 

いま話題のニュース

PR