TOP > IT・テクノロジー > もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

すっかり旧聞に属しますが、Internet Archive が主催し、これからのウェブのあり方を議論するイベント Decentralized Web Summit が6月に開かれました。それにいたる流れを少し辿りたいと思います。...

ツイッターのコメント(18)

>ネット中立性に賛同していたはずのインターネット企業がプラットフォームを握ると、それに反するサービスを押し進めようとするというネット中立性をめぐる倒錯した状況がある

もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて - News
@Myoulego はい、元文章の英語題がThis is Not the End of the Open Webなのも、『もうすぐ絶滅するという紙の書物について』の英語に対応しています
これがアーキテクチャーの問題なのか、インテンションの問題なのか、足回りを脱中心化したところで人間の認知限界が編集を求めることに変わりないじゃないかという気もする / - Wirel…”
もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて という長大な文章で紹介したエヴァン・ウィリアムズのインタビューで、彼はMediumをホールフーズに喩えているのだが、そのホールフーズをアマゾンが買収するというニュースに容赦なさを感じた
この記事、フェイスブックで見つけたよ。 /
Decentralized Summitの各基調講演は、「現在のウェブが中央集権的にコントロールされており、これを分散的で非集中型の、よりユーザのプライバシーが重視されるものに変える必要があるというところで一致」した。
興味深い/なんというかこのテキストそのものが「長いテキストが読める/読めないネット民」格差を具現しているような / News(ワイヤレスワイヤーニュー…”
エヴァン・ウィリアムズはいつだってウェブの世界で半歩先を歩んできた。だからMediumも未来を占うものになるんじゃないかと思って気にしている。Bloggerが顕著で、Twitterはいままさにそう...
たくさん張ってあるリンクも含め、読む価値のある文章だし、読まれるべき文章だと思う。遊び場がビジネスに乗っ取られるのは良くある話だけど、「次」を見つける/生み出すことが難しくなってきているのかな。 / “もうすぐ絶滅するという開か…”
「一握りの巨大プラットフォーム企業がウェブを中央集権的でクローズドなものにした」 /
“このサミットには “Locking the Open” というサブタイトルが付いていますが、逆に言えば、主催者には現在のウェブはオープンではないという認識があるわけです。” / “もうすぐ絶滅するという開かれたウェブに…”
「どうしてwwwって付いてるの?」って聞かれる未来はもう来ている /
このタイトル(エーコのパロディ)、すごい良いな… /
助けてエーコ先生! とでも言っときゃええかな(そりゃ紙の本だ) /
大きなものはより大きくなって大勢がそれに巻かれていくけど、小さくても残るものは細々と残るのがウェブの希望。 /
最近の is Dead 系の言及リンク集として / “もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)”
非常に俯瞰的で個別の詳細はリンク先を読まないと(それどころかなぜ今どうなっているのかの概要すらも)わからないな。かなり前提知識がないと何を言ってるのかすらわからないくらい状況が複雑で広い / “もうすぐ絶滅するという開かれたウェ…”
支離滅裂で言ってることがすこしも理解できない…… /
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR