TOP > IT・テクノロジー > 人間はハックされる動物である | WIRED.jp

人間はハックされる動物である | WIRED.jp

103コメント 2019-03-14 19:03  WIRED

いまや企業や政府は、あなた以上にあなたを知っている。AIやスーパーコンピューター、頭脳明晰なエンジニアたちが、あなたの脳をハックするテクノロジーに磨きをかけているからだ。『サピエンス全史』『ホモ・デウ...

ツイッターのコメント(103)

これちょっと読みたいけど、読んでるうちに寝落ちする…

脳はハックされる。

「やりたい」のか「やりたいと思わされてる」のか結構ありがちな「ハック」にまた陥ってたな…と思ったので
ふむーと読んだ。
「どうすればハックされないか 社会レヴェルで考える必要がある」というのは一見、妥当な意見だけども、そもそも「人間はハックされる存在である」という命題を超えられない。

わたしは「ハックされても大丈夫な融通無碍な存在になる」というのが日本からの回答だと思う。
いまや企業や政府は、あなた以上にあなたを知っている。AIやスーパーコンピューター、頭脳明晰なエンジニアたちが、あなたの脳をハックするテクノロジーに磨きをかけているからだ。
#管理社会
古代から、音波や言葉イメージを利用したハッキングはあった。

テクノロジー犯罪の洗脳については、自立思考が弱い人間ほど影響が強い。
つまり、日本人は簡単にハッキング出来てコントロールしやすい。
支配者層は、そう考えている。
悪影響を意図的に排除する。自分にとっては、インスタ、FBは、排除して良かった。

“人間の思考は、強い影響力に対して思っているほど完全防備ではないのです。そう考えると、われわれはまず外の影響力から守るべきものは何かを理解する必要が出てきます。”
可処分所得、可処分時間、可処分精神
の次があるならハックになるよねー🤔

>おそらく、21世紀を生きるに
あたって知っておくべき最も
重要な事実は、わたしたちが
いまや「ハック可能な動物」
だということです
テクノロジーの進化で、選ばされていることが往々にしてあります。

いまや企業や政府は、あなた以上にあなたを知っている。
今起こっている現実と、来る未来が望むものなのか。
僕らが願う未来の現実とは一体どのようなものだったのか。
その未来を実現する際に必要なことは何なのか。
もちろん個々それぞれだとは思うが、その中でもきちんと考えなければならないことが詰まった話だった。
「AIばかり注目されますが、人間をハックするには生物学も必要なので、バイオテックでなにが起こっているのかにも同等に注目するべきです。」

2019.03.14 THU 17:30
もうターミネーターの時代は水面下で始まってる。

まじで最近世界がいろいろヤバイ。
僕らの知らないとこでガスが充満してる。

2020年どうなるんや。まだ1/20やぞ。

余計にオフラインの世界での振る舞いが試される。

これはまたモヤモヤが止まらない😇
人類がこれから何に向かうか、を考えても答えは出ないけれども、
哲学勉強したりして、
自身を知って、自分なりの考えを持つ
ことがまずは必要なのかな、
下記の記事が本当ならば、発語できない子の考えている事もわかるようになるのだろうか。
サピエンス全史のハラリさん。
ざっくり言うと人間はハック可能な動物であり、データが人間の行動を決める神のような存在になるとの論

SF感あふれすぎでしょって思うけど既にツイッターのアルゴリズムで見る情報(次の行動)方向づけられてるから確かにってなる 笑
ここだけの話、最近のマーケティングトレンドは、「私はハックされずに自ら意思決定している」と感じさせながら、人をハックすること。恐ろしいよね。
ユーザーよ汝を守れ…
「こちらにウクレレ動画が無限にあります」と言うだけじゃなく、「あなたの友達のなかにウクレレの弾き方を知ってる人が10人います」と示したらどうでしょう。弾き方を知らないなら、友人たちに教わりに行くこともできます。そうすれば、人生のメニューに新たな選択肢ができる
人間ハックの話はこちら。
人間をハック
身体や脳や思考、人のなかで起きていることを把握し何をするか予測できることです。人の気持ちがわかり、その先が予想できるなら、人の気持ちを改ざんしたり、操作したり、代替することだってできてしまいます
#テクノロジー犯罪 #集団ストーカー
21世紀を生きるにあたって知っておくべき最も重要な事実は、わたしたちがいまや「ハック可能な動物」だということです。
この記事SFCの小論文対策にもいいと思います。
ネットフリックスの『グレート・ハック: SNS史上最悪のスキャンダル』をみたあとで、この記事を読むとさらに深まるものがある。
自分自信をよく知ること ユヴァリ・ノア・ハラリ
こういうサービスデザインするやつらこれを読んでタヒね
メモ:
2019.03.14 THU 17:30
「人間はコミュニティーの一員であることや、顔を合わせたやりとりをすることなしではやっていけません。独房に監禁するのが人間に対する最大の罰になるのもそういうことです。それなのにぼくたちが手にするテクノロジーは基本的に、孤独を最大化しようとする」
記事は関係なく、wired のこれ系のデザイン。ポスターとかで部屋に飾りたいんだけど、作ってくれないだろうか。
@wired_jp
「いまや企業や政府は、あなた以上にあなたを知っている」
「先程述べたように、ポーカーフェイスが通用しなくなっているのです」人間はハックされる動物である:WIRED
「現在は、一部の人間や、企業や政府が、人類をハックするためのテクノロジーを手にしています。おそらく、21世紀を生きるにあたって知っておくべき最も重要な事実は、わたしたちがいまや「ハック可能な動物」だということです。」ユヴァル・ノア・ハラリ
おもしろい対談でした。

選んでいるのではなく、選ばされている状況が、テクノロジーに提示される世界になっている。今に対抗するだけでなく、未来に立ち向かうためには、倫理や哲学を学び、自分を深く知ることがその一歩。
かわいいネコの動画を延々と観る癖があるとします──自分のためにならないとわかっているのに、次々と動画をクリックしてしまう。そこへ例のAIが介入し、かわいいネコ動画が出そうになったら、あなたはハックされかけているんですよとメッセージを表示するのです。
民主党の時の選挙も今の政権も、主権者の意思と実態のかけ離れ具合はやっぱりハックされやすいって感じする
いまや企業や政府は、あなた以上にあなたを知っている。

AIやスーパーコンピューター、頭脳明晰なエンジニアたちが、あなたの脳をハックするテクノロジーに磨きをかけているからだ。
社会人時代に発刊され、自分の興味以前に、それを読み込んでいる職場の先輩たちがカッコいいと思い、読み始めたWIRED。今は英語版も日本語版もウェブでちょいちょい読めてありがたい。

これは、かなり興味深い記事!
この頃ますますそう想う
「人間はハックされる動物である」
『BEATLESS』の「アナログハック」を思い出すが、考えてみれば文化人類学言うところの「呪術」も一種のハッキングのように思えてきた。
自分の行動がPCのポップアップに影響されてるのは認めざるを得ないな

俺の行動をいい意味でハックする事象があって,それはタイピング練習サイト「e-typing」で起こる.
買おう買おうと思って結局、美容室で読んだ。
アルゴリズムは人が作る
良心や道徳心のない人が作れば、闇を含む
でも良心や道徳心は共通ではないから、ITにもきっと揺れがある。サピエンス全史やっぱり読もうと思いました。
誰かが、
自分以上に自分を知っている世界がやってくるのか
たいへん興味深く読ませていただきました。
自分は< >に興味を持ちました! |ω・`)
WIRED 「人間はハックされる動物である」
ぜひ読むべき。
@wired_jp 面白い、ハッキングから身を守る方法は自己認識であると。政府や企業が近寄ろうともほんの少しで良いから前に出る。「Facebookは20億人の懺悔を聞く告解部屋」という表現はいいなあ。
本当はぼくたち自身のためにならないことで経済が活性化してしまう。

ハラリの印象的な言葉。数字、結果だけを追い求めた代償は、必ずどこかで払うことになる。そんなやり方が正しいはずがない。本当に目指すべき「well-being」なわけがない。
中〜後半からとても面白い。人は必ず影響を受けてしまう、からどうするべきか。ツイッター等をしていて情報や一部発信に感じる危機感(違和感)とか、これなのかなと思う
めちゃくちゃ面白かった。個人情報を手にするのは企業にせよ国家にせよ、透明性と責任を持たなきゃいけないとか、自我の脆弱性を認識することとか。
自分自身をよく知ること。できるだけ自分に対する幻想をもたないことですね。頭のなかに願望が浮かんだとき、「これは自分の自由意志だ」「自分が選んだんだから、これはいいことだ、するべきことだ」と決めつけないでください。もっと深く掘り下げてみてほしいのです。
自分をスマホにFBにツイッターにハックされないためには…「誰もが脆弱でハック可能だと認識することが第一歩。」

この認識は本当に大切。
もっと見る (残り約53件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR