TOP > IT・テクノロジー > ブレードランナー続編の舞台裏へ──30年後の「未来世界」は より暗く、より今に似ている | WIRED.jp

ブレードランナー続編の舞台裏へ──30年後の「未来世界」は より暗く、より今に似ている | WIRED.jp

20コメント 登録日時:2017-10-26 12:36 | WIREDキャッシュ

なぜ、いま、彼らは「ブレードランナー」を甦らせるのか? リドリー・スコットは35年前に公開された前作誕生の秘話を明かし、『ブレードランナー 2049』監督のドゥニ・ヴィルヌーヴが、ライアン・ゴズリングが、ハリソン・フォードが新作にかけた思いを語る。期待の新作の撮影現場への取材を、米国で唯一許された『WIRED』US版シニアライターが目撃した、「2019年」の30年後を舞...

Twitterのコメント(20)

好きでした。
ラフテリー『デッカード自身はレプリカントだったのか?…この疑問はさらなる問いを生み出す…“人間”の定義とは何か?…「そもそも、自分がなんでここにいるのか、どうやってつくられたのかを知ってる人間なんていないだろう」〔とフォードは言う〕>
昔、WIREDは本(雑誌)で買ってた。
オンラインの世界をオフラインで知るにはちょうど良い分量だった。
雑誌が休刊になる頃にはオンでの情報量とスピードをフォローするには難しくなっていた。
の記事良かった
今からブレードランナー2049観てきますね。2019も2022ブラックアウトも2036も2048も観てこの記事 も読んで予習は完璧です(`・ω・´)ゞビシッ!!
R・スコットが前作を語り、ハリソン・フォードがライアン・ゴズリングが、ドゥニ・ヴィルヌーヴが『 』に掛けた意気込みを語る! WIREDのロングリード記事、公開中。
レプリカントと人間が恋に落ちる方がロマンがあると思うから、デッカードは生身の人間と思いたい派。あと、ジョイ役のアナ・デ・アルマスかわいいです。
あの犬かわいいよね。
楽しみ。 ネタバレのCMはちょっと残念ですが
マッドマックスみてーなことにならんのを祈る。ただそれだけ。
WIREDの長い記事の文体はこの映画の雰囲気に合う。もう明日公開されてしまうのか。監督もハリソン・フォードも年取ったなあ■
ブレードランナーめっちゃ観たいんだけど、まずは前作を観なきゃなぁ…
気になる、早く観たい。
なかなか面白い記事なので、拡散というより「自分のための保存用」として…
この記事のために撮られた写真がまたいい。
以上

記事本文: ブレードランナー続編の舞台裏へ──30年後の「未来世界」は より暗く、より今に似ている | WIRED.jp

関連記事