TOP > IT・テクノロジー > ギークママ、月へ行く:「アポロ計画」を支えた女性プログラマーの肖像 | WIRED.jp

ギークママ、月へ行く:「アポロ計画」を支えた女性プログラマーの肖像 | WIRED.jp

93コメント 登録日時:2016-04-01 20:47 | WIREDキャッシュ

1961年、ジョン・F・ケネディの一言で始まった「アポロ計画。約10年にわたる宇宙開発と人類の大きな一歩が踏み出された裏には、MITの女性プログラマー、マーガレット・ハミルトンの貢献があった。彼女のコードは人類を月へ導いただけでなく、ソフトウェア工学の未来をも切り開くことになった。...

ツイッターのコメント(93)

アポロ計画に参加したMITの女性プログラマー、マーガレット・ハミルトンの記事。
読んだ後ちょっとした映画を見たような興奮感がある。
尊敬するアメリカ人♪~(´ε` )
この女性カッコ良スギィ
マーガレット・ハミルトン、クソかっこいい
三人称雑談203回宇宙から
読んでる アポロが月面着陸するプログラムを組んだ女性 数学者ってすごい
#sanninshow
ネタはさておき、男性優位な時代に活躍中した女性コンピュータエンジニアというと、アポロ計画のマーガレット・ハミルトン女史も凄いぞ。
メモ:
@Q47SM9 ハミルトンさんとかのイメージ
@worldsupao @hilde アポロ前のミッションだしねぇw なおアポロ計画題材で同じストーリー作ると主人公が眼鏡っ娘になるのぜ( ๑°⌓°๑)
凄すぎる・・
マーガレット・ ハミルトンでググってたらこんな記事が
/
やっぱりオチがアポロだったとしても、メインはマーキュリーなんだからそこはマーキュリー計画にして、アポロ計画はマーガレット・ハミルトンをいつか映画化するまで取っておくのです……>
電子立国に書かれてたICの事やね
「このコンピューターがなければ、ニール・アームストロング船長が月面に着陸することはなかっただろう」。アポロ計画を支えた女性プログラマー、マーガレット・ハミルトンの肖像。〈アーカイヴ記事〉
お母さんはマーガレット・ハミルトンもモデルにしてるかなとか思った
「いつか書かれるであろう、アポロ計画の新聞記事を想像していたものです。わたしのプログラムのことが記事に載るところをね」
ギークママ、月へ行く:アポロ計画を支えた女性プログラマーの肖像 «
彼女はクィーン
当時プロジェクトを主導したマーガレット・ハミルトンさんの記事。
いい話だ(´ー`)
何回読んでも素晴らしい記事だと思う。全てのプログラマー、とりわけ女性エンジニアには是非読んで欲しい。プログラミングは、世界を変えられる /
パンチカードで遊んでみたかった。私はそういう世代ではない>
ソフトウェアという単語さえ登場していない時代のいい話。
以前も読んだけど何度読んでもワクワクする記事
面白い記事。---
「このコンピューターがなければ、ニール・アームストロング船長が月面に着陸することはなかっただろう」。アポロ計画を支えた女性プログラマー、マーガレット・ハミルトンの肖像。
☆トム・ハンクス製作総指揮のフロム・ジ・アースでプログラムをインプットするのにパンチ穴をあけた紙を使っていた!
おもしろい
WIREDは本当に面白いね
Girls, to be brave! ガツガツ行こうぜ!
見てる:「ドキュメントに「フライト中にP01キーを押さないこと」と書き加えた。本来ハミルトンは、システムの混乱を防止するためのエラーチェック・コードを追加したかった」「みんなに言われました。『そんなことは決して起こらない』と」。
映画化してほしい
恥ずかしながら全然知らなかった。子どものおふざけからフェイルセーフを思い付くエピソードとか素敵すぎる。/
P01キーをうっかり押しちゃったジム・ラベル、後のアポロ13号船長であった
とにかくかっこいいなー。「そのコードが人類の可能性を開いた」/
おもしろい。


ギークママ、月へ行く:「アポロ計画」を支えた女性プログラマーの肖像
感動したし憧れるなぁ
若いころのハミたんかわいい >
こっちの方がタイトル良い QT @wired_jp 「アポロ計画」を支えた女性プログラマー、マーガレット・ハミルトン。偉大なる「月へのコード」の母であり、 ワーキングマザーでもあった。
アメリカはちゃんと評価してくれるからいいよな。歴史が浅いこともあって大事にするんだろうけど。/
パンチカードに穴を開けていた時代のお話大好き。/
マーガレット・ハミルトンの記事だ。珍しい。/
ふむ、ソフトがハードの一部と考えられていた時代からソフトウェア自体が重要という技術的転換点はここを一つのポイントとするべきなのだな
読んだ 》
「アポロ計画」を支えた女性プログラマーの肖像
当時24歳のハミルトンは、数学の学士号をもち、プログラマーとしてMITで働いていた。「何度も言われたものだわ。よく娘をひとりにしておけるわね、って」とハミルトンは当時を振り返る。
マーガレット・ハミルトンとグレース・ホッパーは尊敬する
「アボロ計画」と「ボータブル」とはなんぞ。
「マーガレット・ハミルトンにはもともと、ソフトウェアの基礎概念をつくり、人類初の月面着陸を成功させるようなつもりはまったくなかった。」
Computer History Museumにあったあのマシンのコードを書いた人。
P01キーの話が面白いな /
記事読んでる。日本語のタイトルはどうかと思うけど、マーガレット・ハミルトンのこの写真好き。
今でもIT現場で聞くわ...>『そんなことは決して起こらない』
宇宙開発史にもコンピュータ開発史にも女性の社会進出にも重要なポイント!
U・∀・U
いぇーいぇーいぼくは大好きさー:
”いまのソフトウェアメーカーの人々にとっては驚くべきことかもしれないが、この男性中心社会をつくった“父たち”のひとりは、“母”だったのだ”
かっこいい / “ « WIRED.jp”
50年前にこんな物語があったとは…。
//
アポロのプログラマは女性だったのか。磁気コアメモリーとか胸熱ですね。。。
当時のソフトウェア開発は今のものとまったく違っていたはずだなあ。IDE はおろかエディタも無かっただろうし。それにしても笑顔の素敵な女性じゃないか (=´ω`):「アポロ計画」を支えた女性プログラマーの肖像 «
宇宙飛行士はミスをしない、という理由で例外処理を実装させてもらえない、でも実際はミスをした。ユーザを信じるな(笑
アポロ13の製作スタッフはこっちを映画化すればよかったのにって思う程度には面白かった
完全にエヴァの赤木博士ですねー。
"当時「働く母親」として変わり者扱いされていたハミルトンは、宇宙船のプログラマーとしては草分け的な存在だった。彼女は週末や夜に、娘のローレンを連れてラボに出かけた。
もう素敵すぎ!!(=ºωº=)私もこんな仕事がしたい
@wired_jp: 人類を月へと導いた「アポロ計画」の影には、ある女性プログラマーの貢献があった。彼女のコードは、ソフトウェア工学の未来をも切り開くことになった。
適正がある人が適切に仕事すれば、人類は月へ行けますと。母親が偉大なのではなく、人間は偉大。
人類初の月面着陸に成功したアポロ計画の舞台裏にはプログラミング技術があった。想定外を想定する、P01キーを押してはダメ!

@wired_jp
安全策を提案したが「宇宙飛行士はミスをしない」として却下され、その結果…というくだりが興味深い
/
「Digital Apollo」気になるけど邦訳あるのかな(英語しんどい)。さておき面白い。読もう/ /
当時のコンピュータよりいま手元にあるそのスマフォの方が何桁も性能が良い。今こうしてネットができるのは、人類が月にいけたから、だろうな。
” "
Tom>カッコいい女性二人目。今日はついてるな。
マーガレット・ハミルトンのインタビュー。  半世紀近くの歳月を経たが、髪型と佇まいは変わらない。
“「宇宙飛行士はミスをしない、と何度も言われましたね」と彼女は言う。”
ご紹介。/
「アポロ計画」を支えた女性プログラマー «
パンチカードに穴を空けてバッチ処理させていた時代からソフトウェアは大きな役割を果たしていた /
すごくいいストーリー。→
ギークママ、月へ行く:「アポロ計画」を支えた女性プログラマー

…「みんなに言われました。『そんなことは決して起こらない』と」。ハミルトンはそう思い出す。しかし、それが起きたのである…

いいなぁ、こういう展開
私の知ってるプログラミング風景じゃない
格好ええのう。『ギークママ、月へ行く:「アポロ計画」を支えた女性プログラマー』
とても興味深い話。「人による過誤は起こると想定せよ」という不変の教訓。宇宙関連では二重三重に、万が一のバグにも対処する計画が必須と聞く。一方で は……。
« WIRED.jp: 1961年、ジョン・F・ケネディの声明から始まった「アポロ計画 」 。 約10年にわたる宇宙開発と人類の大きな一歩が踏み出された裏には、…
この人の事を知ったのは割と最近だけど、私が最も尊敬するソフト屋の一人です。神様といってもいい。
ギークママ、月へ行く:「アポロ計画」を支えた女性プログラマー
以上

記事本文: ギークママ、月へ行く:「アポロ計画」を支えた女性プログラマーの肖像 | WIRED.jp

いま話題の記事