TOP > IT・テクノロジー > 新型コロナウイルスの感染拡大は、世界の医薬品供給にダメージを与える危険性がある|WIRED.jp

新型コロナウイルスの感染拡大は、世界の医薬品供給にダメージを与える危険性がある|WIRED.jp

10コメント 2020-02-06 08:09 | WIREDキャッシュ

中国で発生した新型コロナウイルスの影響が、経済活動にも波及し始めている。なかでも危惧されているのが、医薬品の原材料やマスクなどを...

ツイッターのコメント(10)

@influenzer3 「FDAによると、370種類の必須医薬品の有効成分を製造する世界の施設の15%が中国に存在し、米国には21%が存在するという。しかしFDAは、それらの施設が何らかの医薬品有効成分を製造しているとしても、どの程度の量を生産しているのかを把握していない」とのこと。
@agristation 中国も日本もいつ収束するかわからないですもんね。収束して生産再開して市場に行き渡るまでラグがあるでしょうし。

医薬品の原料も中国で作られてるものが多いそうですよ。中国凄すぎる。
@kawakamurei @noiepoie @TamuraWmk いや、中国でみんな作ってるので世界的にピンチなんですよ。
「FDAによると、370種類の必須医薬品の有効成分を製造する世界の施設の15%が中国に、米国には21%が存在。しかしFDAは、それらの施設がどの程度の量を生産しているのかを把握していない」
中国に生産拠点がある原薬の供給不足になる?これも社会的側面の一つ。
マスクを製造している地域が一番マスクを必要としているのかもしれませんね
此れに似たようなの去年かな、見た覚えあるな
イタリア製の原材料に汚染がみつかったから国内のシェア6-7割占める薬剤が出荷できなくなって代替品探しに各病院が奔走したってやつ
早期終息を祈ります。/ @wired_jp
以上
 

いま話題のニュース

PR