TOP > IT・テクノロジー > 新型コロナウイルスの危険性を、人工知能が世界に先駆けて「警告」していた|WIRED.jp

新型コロナウイルスの危険性を、人工知能が世界に先駆けて「警告」していた|WIRED.jp

189コメント 登録日時:2020-01-26 10:36 | WIREDキャッシュ

新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、こうした事態が感染初期の2019年12月の段階で“警告”されていたことが明らかになった。警告を発していたのは、人工...

ツイッターのコメント(189)

怖いね。創世記のアダムとイヴの話を思い出す。神様は人間を作ったのかー
去年カナダのAIが予測した通り中国の次に韓国と東京が危ない、は当たってたな🤔

@wired_jp
一ヶ月前の記事。今は印象が全く変わった。他人事じゃなかった。@wired_jp
民間企業が12/31に集団感染発生を警告
米国CDCが1/6に警告
WHOが1/9に警告

日本の厚労省は当然、この程度の情報収集はしてたんじゃないの。
少なくとも1/6以降に知らなかったわけはない
WHOよりもAIの方が信用できるってことですね。
中国当局の発表前、昨年末の時点でアウトブレイク発生を予測してただけでもすごいけど、

「モンゴルでいま起きているのは炭疽菌(アンスラックス)のアウトブレイクなのか、それともヘヴィメタルバンド『アンスラックス』の再結成なのかを識別できるまでになりました」が草
12/31には集団感染を知らせていたカナダのAI

当初から今日また今後の予測の情報が知りたい。
人工知能恐るべし。将来侮れないぞ〜
日本もこれ導入してるのかな?日本支社つくればよいのに。この会社!
@wired_jp これか。備忘録。
久々にテレビ観た
ホンマでっかで知った
AIスゴい

全世界の航空会社の発券データから感染した住民がいつどこへ向かうのかを予測

@wired_jp
ホンマでっか!?で言ってたやつはこれか

@wired_jp
今後どの分野もAI活用を視野に入れて時代の流れに沿う動きが必要だと思う
乗っかりと批判されてるけど、この手の研究の価値はパンデミック発生時の対策シュミレーションの精緻化かな。リアルタイム予測は外した時にリスキー過ぎて無理でしょう。
人口知能の頼らなければ、危険性を認識出来ないほど予知能力のない人間が、危険なモノを平然と取り扱っているということ?

@wired_jp
12月31日にAI 解析によって今回のアウトブレイク(集団感染)を知らせてたカナダの健康モニタリングプラットフォーム「BlueDot」
1月6日にアメリカの疾病管理予防センター(CDC)
1月9日に世界保健機関(WHO)が公表した
この間ゴルフをして遊んでいたのが安部晋三である。
@wired_jp  》感知精度とその周辺のレポートプロセスの凄さを感じる一方で、全く異なる文脈で、"人工知能"という言葉で捉えるイメージに対する個人的な違和感の正体が気になる。
ほー。

「発券データは感染した住民がいつどこへ向かうのかを予測するうえで役立つ。そして同社のアルゴリズムは、新型コロナウイルスが最初に出現してから数日後に、武漢からバンコク、ソウル、台北、東京に広がることになると正確に予測した。」
「12月31日に今回のアウトブレイク(集団感染)を知らせていたのが、カナダの健康モニタリングプラットフォーム「BlueDot」」 @wired_jp
これは後出しジャンケンだけど、膨大なデータをバイアスなし眺めて分析する作業はAIが向いている分野なので、今回の件で疫学、保健衛生の分野で社会利用が加速するかも。問題は、AIの予測結果をちゃんと解釈して行政の施策に迅速に反映できるか。
やっぱり海外のAIは凄い😳
平和ボケした人間よりも有能な人工知能
もしも人類がウィルスで滅亡したら「ターミネーター」の世界の如く、人工知能が地球の支配者になるかもな?

@wired_jp
要チェック。
モンゴルでいま起きているのが炭疽菌(アンスラックス)のアウトブレイクなのか、それともヘヴィメタルバンド『アンスラックス』の再結成なのかを識別できる。なるほど!

@wired_jp
>モンゴルでいま起きているのは炭疽菌(アンスラックス)のアウトブレイクなのか、それともヘヴィメタルバンド(アンスラックス)の再結成なのか

AIも大変だな
@nhk_news すごい!このニュース
カナダの健康モニタリングプラットフォーム「」

AIとビックデータが結び付くとこういうことになるのかな?
一方でAI暴走って映画も公開されるみたいだけど。。
@wired_jp
こういうのゾクゾクする
衝撃!

AI を活用したカナダのシステムが、
昨年時点で新型コロナウィルスの集団感染を警告していた
@wired_jp
もっと早く、警告して欲しいね。
感染拡大の対策も取れたはず
モンゴルでいま起きているのは炭疽菌(アンスラックス)のアウトブレイクなのか、それともヘヴィメタルバンド『アンスラックス』の再結成なのかを識別できるまでになりました…笑ってしまったじゃねーかw
-----

12月31日に今回のアウトブレイク(集団感染)を知らせていたのが、カナダの健康モニタリングプラットフォーム「BlueDot」
読みました。

@wired_jp
「インフルエンザの流行を予測するAIプログラム「Google Flu Trends」は、2013年のインフルエンザシーズンの深刻さを140パーセント過小評価したあと、サーヴィスの提供を打ち切っている」
Google Flu、最近見ないと思ったらそんなことになってたのね
まぁ…いまさらだが
AIが予知していたらしい

香港の件があった時点で神罰があると予想したけどもね…

サーズもコロナもMade in Chinaだろうし
@wired_jp

>BlueDotのアルゴリズムではソーシャルメディアの投稿は使用していない。というのも、データが乱雑すぎるのだという。

私もそう思う(笑)

発券データから追うのって、面白いね。
@wired_jp

炭疽菌(アンスラックス)のアウトブレイクなのか、それともヘヴィメタルバンド『アンスラックス』の再結成なのかを識別できるまでになりました
"12月31日に今回のアウトブレイク(集団感染)を知らせていたのが、カナダの健康モニタリングプラットフォーム「BlueDot」である。"

@wired_jp
アウトブレイクは初動が重要。こういうAIの予測はまだまだ難しいところもありそうですが、チャレンジが増えるといいですよね。/ @wired_jp
私信ですが このAIは優秀だと思います。

人間があらゆる膨大なデータを収集し瞬時に分析することは困難です。
AIの活用は有効だと思います。
@wired_jp  ・・・数日の事、WHOは今すぐ問題にならないと發言していた件
新型コロナウイルス感染の危険性 AIがWHOより早く警告していた
コロナウィルス予言!

なんと、今回のコロナウィルス蔓延は昨年からAIは予想していたというのである!

@wired_jp
「Google Flu Trends」は終了したが、「BlueDot」が予測中
客観的な判断はやっぱり大切。
中国でインフルエンザに似た症状が相次いで発生していることをWHOが公表したのは、1月9日。この公表より早い1月6日に情報を流していたのが、米国のCDC。それよりさらに早い12月31日に、カナダの健康モニタリングプラットフォーム「BlueDot」が今回のアウトブレイクを警告。
WIREDの記事より
AIによるアウトブレイク予測の話
新型コロナウィルス、人工知能が警告していた
・カナダBlueDot社、WHOより早く12/31に警告
・「どれだけオオカミだったのか否か」が問題?
新型コロナウイルス感染の危険性 AIがWHOより早く警告していた こういうのあるとテクノロジーの進歩ってありがたいなと思うけど、人間側がまだそこまでAIを信用できてないんだよなあ。

ちなみに関西の田舎だけど、日に日に通行人のマスク率高くなって来た。
<a href=" " target="_blank">新型コロナウイルスの危険性を、人工知能が世界に先駆けて「警告」していた</a>

新型ウィルスに対して・・・

行政が後手に回るのは仕方ないが・・・

人工知能(AI)で海外への感染先を予測して・・・

感染対策を行うって…

アリ…だよね!🤔
すごいテクノロジーの話のはずなのに途中のanthraxの例えのせいで眉唾感。残念。 @wired_jp
@wired_jp

引用>全世界の航空会社の発券データを利用するのだ。発券データは感染した住民がいつどこへ向かうのかを予測するうえで役立つ。

なるほどね。
昨年12月31日の段階でAIを利用したカナダの健康モニタリングプラットフォームBlueDotにより今回のコロナウィルスのアウトブレイクが警告されていたという話。
世界中の航空会社の発券データ等を分析して察知するという。
ふむ。どこまで伝わるか。
12/31の時点でAIが察知してたんだって🙄
春節の季節にこんなことになるなんて悲しすぎる。。😢
もしかしたら被害も最小減に防げていたかもしれないのに。

@wired_jp
自慢のAIさんはきちんと対処方法も導き出した?
、人工知能が世界に先駆けて「警告」していた @wired_jp
@wired_jp

>このWHOの公表より早い1月6日に情報を流していたのが、米国の疾病管理予防センター(CDC)
>それよりさらに早い12月31日に今回のアウトブレイク(集団感染)を知らせていた
やっぱAIは天才だね  #人工知能
@wired_jp
AIみたいなので予測されてなかったんかなって気になって調べてみたけど、やっぱりSARSの流行をきっかけに考えてた人がおるんやな。凄い
へーー "全世界の航空会社の発券データを利用"
@wired_jp
凄いなAI
という事は、東京はまさに
拡大する直前って事だね。
気をつけるしか無いですが。
昨年12月31日にAIが今回の新型コロナウイルスの集団感染を警告していた。感染拡大を防ぐためには早期の対応が必要だけど、推定精度や社会的影響を考慮してどう報道するかも重要。AIでの集団感性推定は、推定の根拠を示すことができる「説明可能なAI」の必要性が高い分野。
「12月31日に今回のアウトブレイク(集団感染)を知らせていたのが、カナダの健康モニタリングプラットフォーム『BlueDot』である。人工知能(AI)によるアルゴリズムを利用したシステムだ」
@wired_jp
最初に出現してから数日後に、武漢からバンコク、ソウル、台北、東京に広がることになると正確に予測した。
WHOはぐずぐずしていて、新型コロナウイルスについての発表は後じゃないかな🤔↓
マイノリティー・リポートの世界が来る
blue dotすげーしとりあえずコロナウイルスはこえーしWHOかCDCなんとかしてくれ!
もはや が人間を超えた速度で分析、判断をおこなう時代になってしまったのだね。これから更に賢くなっていくんだろうな・・・

@wired_jp
「預言者ピッピ」っぽくなってきた
この記事面白かった
@sonkoubun @O_Shinsengumi03 本案件、AIは株価のごとく予測できていたようです
日本もそうだが、政府は国の評判を落としたくないから嘘をつく、情報を出さないという対処をとる。それにより感染が拡大する可能性があってもだ。感染拡大の可能性を国の政府などを通さずにできるのはある意味素晴らしいかも。
新型コロナの危険性をAIが先駆けて「警告」した
@wired_jp

んじゃついでに特効薬開発してくれ。
カナダはAI先進国らしい かっこいい
ああなるほどWIREDの和訳記事かぁ。"BlueDot uses an AI-driven algorithm"、確かに訳が難しいよね。データドリヴンからの変形でのAIドリヴンという新語だけどまだ日本には浸透してないし。WIREDならAIドリヴンって書いて良かったんじゃないかな
リスク分析はAIが適してるだろうね。
ただし選択は人間になるだろうが。
なぜなら物事には理屈とは違う政治判断が必須だからだ。
AIには理解できないだろう。おいらも理解できん。
「新型コロナウイルスが最初に出現してから数日後に、武漢からバンコク、ソウル、台北、東京に広がることになると正確に予測した。」……ん???
誰かが作った人工知能の予測をありがたがるのに、特定された人間の叡知と勘による予測をデマ扱いする風潮って変だと思います。なう。
人工知能こそ胡散臭い🤭

@wired_jp
の拡大速度と規模、被害と収束速度のデータがほしい。過去のデータと見比べることができます。

@wired_jp
AIが事前に感染症の予測をする時代になってきている。
新しく正しい情報を得て、利用する人と利用出来ない人の差は拡がっていく🤔

@wired_jp
診断だけではなく感染予測もAIの方が優れてきているのかもしれませんね。
中国の隠蔽体質まで予測しての感染拡大予測だとしたら、AIすげぇ!

#新型コロナ #AI
>「今回のアウトブレイクは、恐らく中国の公衆衛生当局がこれまで認めた規模よりもはるかに大きいものです」と、2017年と18年に隔離されたエボラ出血熱患者の治療に当たったネブラスカ大学医療センターの感染症専門医ジェームズ・ローラーは指摘する。
ハザードマップの動線の事を書いているのかな。
元々、ハザードマップ系は計算処理の方が得意だと思います。AIというより

@wired_jp
WHOの公表や米国疾病管理予防センターの公表よりも
早くカナダのBlueDot(AI)がメディア情報以外の世界中の小さなつぶやき、航空発券データなどから危険性を警告してたようです('A`)

@wired_jp
SARSのときも同じようなのがブレイクアウトを検出してた記憶。
もっと見る (残り約89件)

記事本文: 新型コロナウイルスの危険性を、人工知能が世界に先駆けて「警告」していた|WIRED.jp

いま話題の記事