金星という“地獄”のような惑星に、NASAは探査機を送り込む|WIRED.jp

36コメント 2019-11-10 17:05 WIRED

地球に最も近い惑星であると同時に、太陽系で最も解明されていない惑星のひとつでもある金星。鉛を溶かすほどの高温や深海のような高気圧、吹き荒れる嵐に硫酸の厚い雲といった“地獄”を思わせる環境のこの惑星に、

ツイッターのコメント(36)

地球を金星のような星にしてしまってもいいのですか?
いつまでも多様性あふれる美しい地球であってほしいです。
@wired_jp

古い記事でしたが
・灼熱な表面温度500度
・90気圧、地球は1気圧
・硫酸の雨が降る等
地獄な星
地球からは綺麗に見えるけどねぇ
金星「人んちを地獄とか言うな💢
ばーかばーか!。゚(゚´ω`゚)゚。💢」

@wired_jp
>このミッションには金星の周回衛星のほか、大型で長もちしない探査機、小型で長もちする探査機が含まれることになっている。ロシア側が周回衛星や大型の探査機を、NASAが長期間持続する探査機をつくる。
今日の新語2題

▼反応性雰囲気に耐えよう!

だが、NASAが開発した新たな探査機は、最長で60日間は金星の過酷な地表で耐えられるように設計されている。その探査機「Long-Lived In-Situ Solar System...
占星術で愛と美の星💖と崇められる金星は、実は宇宙においては地獄の星だそうで・・・「愛や美の先には地獄が待ってる!」と考えると、なかなか深くなりますね👹
宇宙って謎だらけやからおもしろい。硫酸の雨が降るって聞くと悪夢でしかないけど、ナメクジ型の宇宙人がいたとすれば、地球の海は地獄になるワケで。
きっと硫酸ガブガブ飲める宇宙人も存在すると思う。
米航空宇宙局(NASA)の研究チームは、人類を送る惑星として、金星という“地獄”のような惑星に照準を定めた。金星は地球に最も近い惑星であると同時に、太陽系で最も解明されていない惑星でもある。
金星ちゃん…愛と美のキラキラ星だと思ってたのにっ😂

▶︎まるで“地獄”のような金星の環境

気温は鉛の塊をどろどろに溶かしてしまうほど高く、気圧は水深900mの深海と同じくらい。

トルネード級のすさまじい強風が高速で循環し、日中は硫酸の厚い雲が太陽を隠す。
NASAの研究チームは、人類を送る惑星として金星に照準を定めた。金星は地球に最も近い惑星であると同時に、太陽系で最も解明されていない惑星でもある⬇️
 
PR
PR