すべての電力を再生可能エネルギーで供給する鍵は「地中」にあり:地熱発電の展望と課題|WIRED.jp

17コメント 2019-08-26 09:05 WIRED

再生可能エネルギーだけで米国の電力をすべて供給する鍵は「地中」にあった──。地熱エネルギーで米国の電力の20パーセントを賄えるという試算が、このほど環境系シンクタンクに

ツイッターのコメント(17)

地熱は100年先のエネルギー源としては可能性あり? 今は到底ムリそうだけど。
想像してほしい。炭素を排出しないエネルギーが足元の地面に隠されているとしたらどうだろう? しかも、それは曇りの日でも風のない日でも、いつでも使えるものだとしたらどうだろうか。
温泉だらけの日本でも、お風呂利用だけではもったいない… @wired_jp
日本も世界3位の「地熱」保有国。
課題の1つとなっていた国立・国定公園のルールなど、新たな「環境省」がチャレンジするチャンス。
@Kankyo_Jpn

「すべての電力を再生可能エネルギーで供給する鍵は「地中」にあり:地熱発電の展望と課題」 @wired_jp
から変換を!
安定的再生可能エネルギー、地熱。ところで、地球の地熱が放射性物質の崩壊熱に由来する事はご存知かな?福島の事故で起きてる事と同じ現象なんだよ。これくらいは知っておこうね。放射脳バカにならないように。
地熱発電の展望と課題

地熱発電のポテンシャルとエネルギー供給のベストミックスについて。原子力の原の字も出て来ない。
日本もだけど、ポテンシャルはある。技術もある。何で広がらないかって利権がないからなんだろうな。
@wired_jp
太陽が高い位置にあるときには...電力の60パーセント以上を供給...太陽が地平線に沈んだあとは、同州内の各地にあるガス火力発電所と、ユタ州にある複数の石炭火力発電所がフル稼働」

すべての電力を再生可能エネルギーで供給する鍵は「地中」にあり @wired_jp
何十年も前から言われていることですが・・・。


@wired_jp
地熱の有用性が言われて久しいけど、
実用化例は少ないですね。
しかし、規制緩和は着々と進めているようです
地熱発電で米国の電力の20%を確保可能。地熱発電の課題として地震が挙げられているけど、①必要な地熱が得られるかなどの調査・探査②環境への影響の調査③発電設備の設置までの期間が非常に長いという課題もある。シェールガスでの地質調査を活用できれば有利かもね。
温泉地に影響が出たら困るので大反対である
地熱エネルギーで米国の電力の20パーセントを賄えるという試算が、このほど環境系シンクタンクによって発表された。政策支援や技術開発があれば有効に活用できると指摘されている。
米だと経済発展と雇用増加に繋がると訴えれば、党派関係なく支持が集まるはず。できることはなんでもやらないと、気候変動はスローダウンできない。⇒ すべての電力を再生可能エネルギーで供給する鍵は「地中」にあり:地熱発電の展望と課題|WIRED
@wired_jp

人工地震って可能なんだな。
クリーンエネルギーとは言え、エネルギーを取り出すには何かのエネルギーから効率良く変換して得る必要がある。
そのため、ひとつの手法に一元化するのではなく、多様な方法に分散しないと、環境破壊やリスク回避に問題が残る。
全世界で、それを踏まえた開発をして欲しい。
地熱発電は、サンダースのグリーン・ニューディールにも記載されているが、地震誘発の課題は残る:

『言い換えれば、クリーンエネルギーに弾みを付けるのは、地下の岩盤に超高圧の水を注入して亀裂を生じさせる「水圧破砕法(フラッキング)」をもたらした業界かもしれない』
以上
 
PR
PR