TOP > IT・テクノロジー > この写真は…本物? 人工知能がつくる「フェイク画像」の驚くべき世界|WIRED.jp

この写真は…本物? 人工知能がつくる「フェイク画像」の驚くべき世界|WIRED.jp

51コメント 登録日時:2019-01-23 18:21 | WIREDキャッシュ

人工知能の進化によって、現実には存在しない画像をつくり出すことが可能になった。人物を入れ替えたフェイク動画、実在しない人々、本物そっくりに生成された動植物──。人工的につくられた画像や動画の驚くべ...

Twitterのコメント(51)

AIでの画像制作が進むと、ごく近い将来では、パーツとしての著作物の二次利用が消失しそう。既存の写真とちょっと違う絵が作れれば、パースを少し動かせば、それで著作権侵害は回避できる。音もフォントも。
@kasakas31862334 敵対的生成ネットワーク(GANs)

ネットワークがフェイク画像を生成しコレクションに紛れ込ませる任務を負い、もう一方がそのインチキを見破ろうとする

そんな攻防戦を何度も繰り返し、騙そうとする側は腕前を上げフェイク画像の精度もどんどん上がっていく

AIイタチごっこ😆
3年A組も、こないだのスタートレックディスカバリーも、テーマは「フェイク動画」。正しくなくても拡散したら正しいになるよね。誰かへの攻撃や戦争の引き金にも?
ぐっ、くるっ、ぱっ!

@wired_jp
“グーグルの「Pixel」シリーズで2018年10月に対応した「夜景モード」機能は、アルゴリズムを使ったトリックによって夜を昼へと一変させてしまう。”

すごい。もうそんなとこまで、、、
もはやここまで来てしまってる → @wired_jp
911のツインビルへの飛行機衝突がその夜の放送から流し始められたフェイクCG動画だと証明したグループがいるが、現在ではその証明も困難かもしれないね
想像以上/ wired_jp
俳優さんが不祥事を起こした時にこれから放送・上映する予定の映画やドラマとか過去放送されたものの再放送中止とかパッケージが販売中止になるけどDeepFakeとかを使って俳優まるごと差し替えるなんて事も出来るようになるかもしれないね。
どこまでいくのかすらね。。
一番上の夕日の写真は、もしかしたらPixelの方が実際見た印象に近いかもしれない。

ちょい前のカメラだったら、拾える光の幅が狭かったりするかもだし
もう何が本物かわからない。世の中こうなっていること認識しておいたほうが良さそうです。
@wired_jp
大昔、マイケルジャクソンのMVを見て、家のPC-98でモーフィングをやったら計算が終わらなかったw
今や膨大なデータを数百台のTPUでぶん回して を作ることができる
この前の のEdgeTPUもだけどやっぱり高速大容量高性能な演算リソースは重要w
もう背景画像やエキストラの演出などは、AIのフェイク動画に取って代わるようになるかも知れない。よくあるイメージ動画なんかも簡単に作れそうだ。
冒頭のフェイクのダンス動画も最後笑えるけれど、最後の動画の着地しそうで絶対に現実に着地しないトリップ感が衝撃≫ @wired_jp
あと何世代かあとにはもう写真も映像も現実を担保しないものになるだろかね。人類における現実であるかどうかへの興味も薄れていったりして

@wired_jp
VR、ARでなくても、SNSだったり日々みてる記事に使われる写真や動画が、どこまで実物なのかもはや区別がつかない。

@wired_jp
僕がトランプの顔面加工(いや整形じゃなく)の可能性をブラックユーモアで伝えるべく、プロフィール下にピン留め中の、お気に入り動画に出てくる技術が進化(?)したものが盛り込んである↓

@wired_jp
うおおおー!すげぇー!!!

AIに実在しない人や動物を細密に描かせることができる

うおー!SFだー!!

@wired_jp
"下記に並ぶ人々、ネコ、クルマは実在しない。すべて米半導体メーカーのNVIDIAが開発したソフトウェアでつくられた画像だ。同社のグラフィックチップは、いまや機械学習プロジェクトになくてはならないものになっている。"
そうか。何を感動するかに伸びしろがある。
余白というか、フロンティアというか。

@wired_jp
真実が見えにくくなる



人工知能はある領域で、すでに人間を上回ることがわかっている。人が人工知能を疑う時代は来るのか。
機械学習で好みの音楽作れたらな
「グッドフェローが考案した画像生成術は、敵対的生成ネットワーク(GANs)と呼ばれる。」

@wired_jp
「実在しない人々」とか「本物そっくりなニセモノ」とか、スパイ映画の中の世界だったのに...🤔

@wired_jp
攻殻機動隊の世界みたいに、映像に証拠能力は無い世界が、近い将来にやって来る予感

写真は…本物? @wired_jp
もう、人間の目ではフェイクを見抜くのは不可能なのかも。 - @wired_jp
次の一眼に追加される機能はこう言ったアルゴリズムかもね

@wired_jp
昔、メガゾーン23と言うアニメがあった。
コンピューターが人間の好みに合わせてCGで作られたアイドルの作詞、作曲、歌、更には動画まで撮ってと言う場面があったが、すぐそこかも知れない。

@wired_jp
タイトルを見た瞬間にこの技術の素晴らしい応用方法を閃いた男性は多いはず。読み進めるにつれて確信に変わっていきました。☺️
フェイクのダンス動画すごいな。
AI、アルゴリズムが「写真のようにリアルな」画像をつくれるようになった世界が一般化、発展化してきた時に、人は何を求めるようになっていくのかは、やっぱり考え続けないとな〜

◆ 人工知能がつくる「フェイク画像」の驚くべき世界|WIRED
【くま】もうなにもしんじぬ!
既に人間には本物と偽物の区別がつかないレベルの画像が作られる技術があって、画像が本物が偽物が判断するAIがいますからね。

@wired_jp
静止画は本物と言われてもわからないレベルのものができてるので、画像だけで情報の判断はしない方が良いかな。動画も怪しいけど。
@wired_jp
権力者がこれを悪用するのは目に見えてる。

@wired_jp
@wired_jp 人間が真贋を見分けられないならフェイクはフェイクじゃなくなるので色々厄介
メモ: >ディープフェイクスのソフトウェアに実際に引きつけられたのは、ポルノに関心のない人々だった
写真家も画家も100年後には居なくなっているかもしれない。
全部AIに取って代わる。
最後の動画を見ていて、一瞬シドニーノーランやフランシスベーコンの絵のように見える時があった。
蚊の遺伝子操作によるマラリア撲滅が現実的に? 技術の飛躍的な進歩と、いま求められる議論
ホンモノってなんだ?
自分の“感覚”にこだわっているが、もはやそんなものは意味をなさない時代になるんだろうか。。
人工知能がゼロから人とか猫の画像作るやつすごいな
凄いけど不気味な事になってる。

@wired_jp
こうした技術は当然、映画などのコンテンツ制作に利用できるだろうし、アバターみたいなのが格安で簡単に作れるようになったら、コンテンツ業界にとっては革命的。でもこの記事に出てくる音楽に合わせた動画ってのは、ど...
ヤバいレベル。
世の中信じられないことばかり
信じられるのは自分だけ
さすがにすごい
人の認識能力はその内機械によって容易に騙される様になるのだろうな。

@wired_jp
AIは…まずい…。
色々な方面できてますね。そのうち実在しない3dのリアルな地形とか自動で作れそうです。
以上

記事本文: この写真は…本物? 人工知能がつくる「フェイク画像」の驚くべき世界|WIRED.jp

関連記事