TOP > IT・テクノロジー > 「週4日勤務」を試験導入したら──従業員の熱意が上がり、ストレスは減少:研究結果|WIRED.jp

「週4日勤務」を試験導入したら──従業員の熱意が上がり、ストレスは減少:研究結果|WIRED.jp

247コメント 2018-10-23 08:40  WIRED

多様な働き方に合わせた勤務体系の必要性が求められるなか、いまでも週5日、1日8時間という就労時間は主流であり続けている。それでは、週4日勤務に変えたらどうなるか? ニュージーランドで実施された試験導入...

ツイッターのコメント(247)

週4日勤務がデフォルトの世界線を見てみたさはある。

ニュージーランドで実施された試験導入では、従業員のチームワークがよくなって仕事への熱意が上がり、ストレスは減少したのだという。だが、手放しで導入を進めるべきかといえば、必ずしもそうではないらしい。
@wired_jp

そのかわり、土曜日も稼働している会社が導入すると従業員は不足し一人当たりの負担が増し、給料も減る
古い記事だけど接触減らそうとか働き方改革とか言ってるならこれぐらいやりたい
>オークランド工科大学とオークランド大学の研究者の分析では結果は良好で、アウトプットは週5日勤務の場合と変わらなかった。しかもチームワークがよくなっただけでなく仕事への熱意も上がり、従業員のストレスは減少した。
こんなことより仕事が楽しすぎて、週4日なんて少なすぎる!!って言われる環境をつくりたい。
@wired_jp
ナレッジ・ワーカーならそれで良いと思うがサービス業は労働時間が企業と個人の収入にダイレクトに反映されるからそんな単純じゃないんじゃないかな。

「週4日勤務」を試験導入──従業員の熱意が上がり、ストレスは減少: @wired_jp
@wired_jp

いつ日本で主流になるかはわかりませんが10年以内にはそこまで珍しい働き方にはならなさそう。

なんなら週一がいい(願望)
@strong_arai3

こういうデータがあるわ❗
週3休みなら
金土日が休み 土日月が休み
水土日が休みに出来るわね
2と3の数字の差は多いわね…
そうそうこの記事。サンプルこれだけなのに、いきなりこういう結論出していいかなって思った。
「週4日勤務」を試験導入したら──従業員の熱意が上がり、ストレスは減少
週休3日制が話題になってますが、去年の記事。
水曜日休みにすれば、
月曜と木曜は休日明けで元気。
火曜と金曜は休日前で元気。
社員皆ハッピー。
1日くらいの労働量なんぞこの四日間で相殺出来らぁ。
うちの会社、週4日勤務週休3日制を導入してるけど、意外とニーズないんだよなぁ

@wired_jp
1日10時間勤務の週4日がちょうど良さそう。マイクロソフトが8月に週休3日制やってたけど、結果どうだったんだろう?

@wired_jp
これまでの常識が見直される時きたな。何故週5日、8時間/日なのか?
> @wired_jp
日本で実行すれば、少しだけ生産性が上がり、それ以上に収入が下がるって事になりそう。ストレスは上がったり下がったり、どうなんだろ?
ーーー
@wired_jp
労働のストレス、労働時間や労働日数よりも仕事中に抜け出して何かできるとか、気分によって家から仕事できるとか、そういう自由度の方がストレス軽減に大きな影響があるはず。
@wired_jp
・業務以外:良いこと尽くめ
・業務:生産性の低下なく、熱意が上がりストレス減少、ただし1部の人はストレス増大
弊社も試験導入してくれないかな?
@ma_cha_to そゆそゆ研究結果もあるみたいです。
週4日勤務
憧れるー😙

Perpetual Guardianは今年3月から4月にかけて、従業員の給与はそのままで勤務時間を週4日に短縮した。

Outputは週5日勤務の場合と変わらなかった。Teamworkがよくなっただけでなく仕事への熱意も上がり、従業員のストレスは減少した。
約1年前の記事。考えてみると週5勤務って第三次産業以前にフィットしたスタイルに感じる。第四次産業以降にフィットするのはどんなスタイルだろうか。
休みが増えたらいままでやっていた無駄なことが出来なくなる。何が無駄か、どこを減らせるかを考えるいい機会になる。これは人にもよるけど40代になるともう何が無駄か分かるのは仕事のやり方が固定され過ぎてて難しいと思う。
ちょうど30年前、ある人に会って話しをしたら、「仕事は週に4日、3日は休む」と言っていた。その頃は企業がそんなことをする文化はないので、会社を辞めて自分のペースを守って仕事しているとのことだった。独立したら土日もなくなると思っていたので意外な発想だった。
リモートワーク導入と、どうでも良いような内部資料作る時間なくしたり、会議の時間なくしたら、それだけでストレス大激減すると思うよ。
@wired_jp

いたずらに休むより日々の負荷を下げるのが良いかな
収入が減っても週4勤務が良い人って意外と多いんですね。僕もそう。若い頃、先輩に『いつか週休3日の生活を手に入れたい』と言ったらボコボコに怒られたのを思い出した。

@wired_jp
慣れるまでに時間がかかるってことかな

@wired_jp
「休みが増えて嬉しい!」といった安直な考えではダメ。

理想なのは、多くの人が週休3日をより自分個人の経験・価値を高める時間に使い、社会の動きがより活発になること。

@wired_jp
それは自分で自分を管理できる優秀な人ばっかりの会社。 @wired_jp
ニュージーランドで週4勤務を試験導入したら仕事の質も変わらず、従業員のモチベーションも向上したそう。休みが増えればお金も消費するし色んな意味でメリットの方が大きい。

@wired_jp
"就労時間に柔軟性をもたせることを検討してみる価値はある"

自分の会社で適応したら?を考えること。いくら研究で出たところで自社で出来なかったら失敗

@wired_jp
そりゃ、より短期間でやらなきゃいけないから熱意も上がるわな。でも、日本人が同じ状況に陥ると逆に終わってなくても休むようになるか、必要以上に短納期を要求するようになって逆効果だと思うなぁ。
2018年10月の記事。週4日勤務によって「割を食う」形になる人が現れてしまったが、対策によって吸収できる範囲だろう、と。マネジメント能力の底上げが先かなー。/
いいことずくめでは無さそうですが、もっと導入する企業が増えて欲しい。

でも、令和時代にはスタンダードになる可能性も!?

/ @wired_jp
週4勤務はいいよなぁ。
先週金曜日に有給とったら、それまで若干煮詰まってた仕事が週明けにすんなり解決できたりしたし、やはり人間はリフレッシュが必要だと思うんだ。

@wired_jp
よし、うちの会社で導入したるねん…。
ニュージランドの企業が、従業員の給与はそのままで勤務時間を週4日に短縮するという実験を行った。週休3日の効果は果たして…?
産業革命以来、労働者の大半にとって変化していないことがひとつある。週5日、1日8時間という就労時間だ。

週4日勤務」を試験導入したら──従業員の熱意が上がり、ストレスは減少:研究結果 @wired_jp
週5日勤務から週4日勤務に変えてもアウトプットは変わらなかったケースも。業種や役割によって生産性は様々ですし、リモートは自分で決断できる裁量や経験がある人、または型が決まった仕事でないとなかなか進まないのも事実ですね。


#techbowl #techtrain
これいいな。うちも週4勤務にするかな。

@wired_jp
みんな、水曜を休みにしたらええねん。

@wired_jp
「実験の目的は単純に会社の利益を増やすことではなく、従業員の生活の質の向上だったことを忘れないでほしい。」
@wired_jp
@wired_jp
短い時間に集中して一気にやることが大事。ダラダラは時間の無駄。ダラダラ部活は時間をゴミ箱に捨てるだけ。
定期的に休みたいよねぇ。
火曜と木曜が生産性最大なんだー

@wired_jp
週6日、18時間以上です。麻痺して、人格が変わりました。> @wired_jp
> 労働時間を短くすれば自動的に生産性が飛躍的に向上するというわけではない。

労働時間を柔軟にすることのほうがいいらしい。まぁわかるしそっちのほうが気持ちいいよね

@wired_jp
現状を客観的に疑ってみることって、より良い生活を過ごすために必要だと思います。

この記事に関連するなら、
「なぜ週5日でないといけないのか?」ですよね。

「なぜ子供と過ごす時間より会社の方が大切なのか?」
が僕がフリーランスになったそもそも。

@wired_jp
休日が増えることで消費行動が活発化し、経済に寄与するという理由で取り入れられた制度で、同時に十分な休息を取ることで労働者の生産性を保つことができる

休日が増えたら家族や友人と過ごす時間も増えるし消費行動も活性化されるし良いことだと思う
もっと見る (残り約197件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR