TOP > IT・テクノロジー > 中国の人口構成に潜む“時限爆弾”が、世界経済を揺るがす日がやってくる|WIRED.jp

中国の人口構成に潜む“時限爆弾”が、世界経済を揺るがす日がやってくる|WIRED.jp

28コメント 2018-09-24 11:26  WIRED

中国で30年にわたって続いた「一人っ子政策」の影響で、2030年の一人っ子たちは老いゆく2人の両親と4人の祖父母を養う責任を負うことになる。そのとき、消費を楽しむ世代が自由に金を使えなくなって消費の傾...

ツイッターのコメント(28)

@wired_jp

一人っ子が子供と親と祖父母の面倒を見る?いやいやでもどんな状況でも自分が受容出来る状態であれば…うーむ。
習近平の「一帯一路」とか「中国製造2025」ってビジョンは明確で力強い。
トランプの「MakeAmericaGrateAgain」も違うとは思うけどやりたい事はよく分かる。
で「アベノミクス」てなんなん?

@wired_jp
「はずだ」「だろう」😑希望と希望的観測は昼と夜くらい違う
都市部の一人っ子たちの肩には、老いていく2人の両親と4人の祖父母を養う責任がのしかかることになるからだ。

ーーー
こういう話がピンと来ないのは、老人の方がお金を持っているイメージ。
@wired_jp
時限爆弾って書かれると脅威だけど、個人的には、それならあれしよう、これしようが止まらない。

「4人の祖父母と2人の親が1人の子どもを育てるという「4-2-1体制」は、1人の子どもが2人の親と4人の祖父母を養うという「1-2-4体制」へとシフトしていく」| @wired_jp
2030年になったら、また中国が欧米人に侵略されるから、大丈夫だろ?笑
日本のクリエイターがどんどん中国に取られちゃいそうですなー
"現在のところ、中国のミレニアル世代は金回りがよく、積極的に消費している。月末になると銀行口座が軽くなるため「月光族」と呼ばれるこの世代の大多数は、毎月の給料を全額消費し、ほとんど貯蓄をしない。"
@wired_jp 社会保障が無いまま拡大を目指して自壊しそうな気もしないでも…新疆問題も解決しないだろうし。
確かに中国は時限爆弾を抱えていると思うが、今考えられている打撃通りに行くだろうか?
日本が約20年で高度経済成長を終えたように中国の影響力は弱まり、
例えばASEAN.インドが伸びで中国の影響力は薄まるはず。アジア、アフリカにチャンスがある。
@wired_jp
自国の経済だけ揺るがしてくださいよ!
やって来てる
俺の元同僚はベネッセに入ったそうだ。
給料は低いと言ってたが、チャレンジは中国で伸びる要素あるよな。
台湾行ったら、取引先の皆んながしまじろう知ってたし。
@wired_jp
1930年頃に世界経済を揺るがす事態に陥るか?
プラス面だけを見ればこうなるでしょう的な何か
ここは抑えておきたい。キングダム、水滸伝が好きな私はここにフィットできる
この記事はちょうど今読んでるウォンテッドリー 代表の本の内容とリンクする👀

#すたん株メモ
#ウォンテッドリー
#ミレニアル
<中国のアニメファンは2億人。
@wired_jp
🇨🇳🚨☎️📞🌎🌍🌏📡🛰 4人の祖父母と2人の親が1人の子どもを育てるという「4-2-1体制」は、1人の子どもが2人の親と4人の祖父母を養うという「1-2-4体制」へとシフトしていく😨😱🤣😂😅💣💥🔥
「中国の人口構成に潜む“時限爆弾”が、世界経済を揺るがす日がやってくる」(注目の他社ニュース) @techreviewjp
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR