TOP > IT・テクノロジー > 中国政府、AIチップで「2030年に世界トップ」を目指す戦略を明らかに──動き始めた巨大プロジェクト|WIRED.jp

中国政府、AIチップで「2030年に世界トップ」を目指す戦略を明らかに──動き始めた巨大プロジェクト|WIRED.jp

12コメント 2017-12-11 08:46  WIRED

中国政府が人工知能(AI)用の半導体に巨額の資金を投じ始めた。しかも、AIに欠かせないGPUの大手であるNVIDIA(エヌヴィディア)を名指しにしながら、数年で米国に追いつき、2030年までに世界のリ...

ツイッターのコメント(12)

中国は本気
NO1になるためなら何でもする
そこが日本と違うところ

@wired_jp
第二次ブームは、主役は日本
第三次ブームは中国
次のブームもアジアかも

@wired_jp
お父さんやっぱり中国株で食べて行こうと思うんだ

これからの世界

アメリカ 中国が引っ張るから

株価安い中国株が伸び代アルヨ

AI関連でもまだ1株60円
@wired_jp
ゲフォ派はどうすんだろな?
軍事用を自国製品でまかないたい中国★| @wired_jp
トップダウンはデメリットあるけど、変革時は早いよなー
雑なもんしか作れてないのにね
悪の帝国めいてきた
我国全力上げよ!
力を入れるとこ、わかっているなあ。 / (WIRED.jp)
さあ日本はどうするか

@wired_jp
中国政府が国産AIチップ開発に力を入れていて、NVIDIAの「Tesla M40」の20倍スゴいものをつくると計画しているらしい。自国目的の達成には、国産技術で、というところか。日本もかつてはそう...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR