TOP > IT・テクノロジー > 進化した「iPad Pro」は、「真のコンピューター」になる可能性を秘めている:『WIRED』US版レヴュー|WIRED.jp

進化した「iPad Pro」は、「真のコンピューター」になる可能性を秘めている:『WIRED』US版レヴュー|WIRED.jp

14コメント 2017-07-11 12:28  WIRED

画面が10.5インチになった新しい「iPad Pro」。画面サイズが大きくなり、そしてより高速化されたことで、その使い心地はどう進化したのか。『WIRED』US版のレヴュー。

ツイッターのコメント(14)

@wired_jp 「「真」のコンピュータ」
@wired_jp
ますます「2001年」のタブレットっぽくなってきた。
ものすごく、欲しくなる!
レビュー、かくあるべし、みたいなお手本のようだ。
@wired_jp  ちょっと大きく速くなった模様。
〈アーカイヴ記事〉
iPad、もうすぐOSX乗っかると思うけど、やるなら早くして欲しいな
進化した「《iPad》 Pro」は、「真のコンピューター」になる可能性を秘めている⛑
🆕 2017/07/11(昨日)🔥🔥28
🔝 2連荘
📲 (1st/14)
🕋
iOS11版iPadは楽しみだけど、一方でMac miniはもう出ないってことが、いよいよはっきりした気が…。> Pro」は、「真のコンピューター」になる可能性を秘めている|WIRED.jp
やっぱ買いか。問題はOffice以外の添付ファイルが多い仕事環境。。。
気色悪いほどのapple信者。恐ろしいほどの無知と盲目。
「アップルがiPadを改善すべきポイントは、いずれなくなる──。そう考えられてきた。」
12.9インチ触ってると逆にiPadは新しくなる度今の売って毎回買い換えても損無いレベルだわ。超快適デバイス過ぎる。
iPadはまだまだ伸びしろがあるね>
【ペンが自由に走り回るタッチ・ディスプレイがキーボードを再獲得して無敵のパワーになった】 結論は9/10点
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR