TOP > IT・テクノロジー > 精子の「電源スイッチ」をオフにする男女兼用避妊薬、実用化へ一歩前進:米研究グループ|WIRED.jp

精子の「電源スイッチ」をオフにする男女兼用避妊薬、実用化へ一歩前進:米研究グループ|WIRED.jp

24コメント 登録日時:2017-07-01 11:23 | WIREDキャッシュ

精子が卵子に侵入する際の「ドリル運動」を停止させる物質を使った避妊薬の開発が進んでいる。サルを使った実験が成功し臨床試験の準備段階に入っており、新しい男女兼用の確実な避妊薬の誕生が近づいている。...

Twitterのコメント(24)

おー凄い。
逆にカルシウムを良く摂取すると妊娠させやすくなるのかな?
精子にカルシウム取られてると思うと勿体ない感あるんですけどwww

@wired_jp
無責任中出しが捗る
確かに今ある男性の避妊手段(コンドーム)って、めちゃくちゃ原始的だよね。
精子の「電源スイッチ」をオフにする男女兼用避妊薬、実用化へ一歩前進:米研究グループ| 男性主導の避妊方法になるんですね。この方法じゃ性病等感染症を予防できないですよね。避妊具を付けない前提とするならば快楽を優先してる気がするんですが
えっちな本で使われそう
男女兼用のユニバーサル避妊薬にかける情熱の結晶がすごい→
精子もドリルすんのかい!
この薬で、ドリルせんのかい!
こんなもん普及したら、性病が蔓延し、結局薬品メーカーの思うツボやがな。
逆にこの「パワーキック」をアップさせる物質が見つかれば、多少なりとも不妊で悩んでる方々に朗報なんだけどなぁ。
日本って少子化なんじゃなかったっけ?
@wired_jp
『ボクは中学生の頃NHKの「人体」で受精の巧妙ななしくみを知って、ヒトは生きているだけで奇跡だと思ったなあ。今でも忘れないよ。』
目標は、男性でも女性でも使え、経口摂取でもインプラントリングからの遅効性の放出でも効果を発揮する「ユニヴァーサル避妊薬」だ/ 男女平等とはなんであろうか
〈アーカイヴ記事〉
すごい朗報なのでは。
卵子の膜を突破できないようにして、受精を防ぐ仕組みだそうで。3年以内の実用化の見込み……と。
すげー時代だ。
もうゴムさえ必要ない時代へ?

@wired_jp
革命暦への突入を感じました。
すごいなぁ
・・・仕組みと考え方がすごい。
パイプカットじゃなく股間に物理的なスイッチ埋め込んで使うやつってどうなったのかな
以上

記事本文: 精子の「電源スイッチ」をオフにする男女兼用避妊薬、実用化へ一歩前進:米研究グループ|WIRED.jp

関連記事