旧石器時代の人類が、4,500年間も使い続けた「工房」の秘密|WIRED.jp

16コメント 2017-06-04 20:33 WIRED

エチオピアの洞窟で見つかった、絵具の原料となったとみられる大量の鉱石を調べたところ、この場所が4,500年以上にわたって絵具を製作する作業場として使われていたことがわかった。

ツイッターのコメント(16)

─ 4500年間も文字も金属も発明しなかったのかなり怠慢では?
(個人的ツイです)
さらざんまい 9皿目は アメリカンニューシネマだと思っていたら、まさにヤンサンでニューシネマと。

あと、絵の具についてこういう話好き↓

@wired_jp
「エチオピアの洞窟で見つかった、絵具の原料となったとみられる大量の鉱石を調べたところ、この場所が4,500年以上にわたって絵具を製作する作業場として使われていたことがわかった。 」
きっと長い間の中にはすさまじい天才もいただろうに記録がない。。
Happy new year!!!

新年はこういう価値に向かう!
絵具を製作する作業場・・・
@wired_jp
→今年6月の記事だが、エチオピアの洞窟で4500年間にわたり繰り返し使われた絵具の作業場があったとのこと。
「文化の継続性」。ひとりの人間が人間に「なる」過程で、その環境、条件を与えるのが文化。文化の粘性はかなり高い。>>
コミニケーションとれていたのでしょうか?疑問です。
行ってみたいな→
〈アーカイヴ記事〉
こんなのに比べるとイノベーションなんて全然すごくない。>

@wired_jp
化粧品(顔料)の歴史があきらかになれば、生活必需品の分類「衣/食/住」に「美」を加えなければならなくなるだろう。
ネアンデルタール人の文化だった可能性はないのかな?
以上
 
PR
PR